アルピニスト 野口 健さん 「富士山から日本を変える」


合併10周年記念事業 京都府内にて、『環境未来2017~聞こう・学ぼう・考えよう 環境は身近な生活から~』という事業で、アルピニスト(登山家)野口 健さんの講演が開催されました。

野口健さんの講演は、最初に生い立ち・幼いころの写真、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立した映像、そして日本を象徴する富士山登頂、富士山の清掃する活動の様子のシーンをDVDでご紹介されました。

次に野口さんが登壇され、山に魅せられ登山家になった動機、7大陸最高峰を登頂された時の秘話、実際に登って見たもの、世界の登山家たちから、日本人登山家のマナーの悪さ、ゴミ問題、世界の山をゴミが多い富士山にするのかなどショックな現実を聞かされ、日本人の名誉挽回に、まず富士山からきれいにしようと野口健さん一人から立ち上がりました。

野口健さんの使命感、想いが、人を、地域を、国を動かし、ゴミ一つない世界遺産に誇れる富士山にしたいという想いが伝わる講演でした。



講演を聴講された参加者から感想文をいただきました。

<感想文>
・とても感動しました。富士山のゴミ問題がそれほどひどいものだったこと…それを野口さんが身を粉にして解決していったこと…頭が下がりました。
・野口 健さんが富士山やエベレストに行って、ゴミ拾いをしていて、すごいと思ったし、健さんのようにゴミ拾いをして、わたしも町をきれいにしていきたいです。(小学生)
・野口 健さんのお話は、ご自身の体験に根ざしたとても分り易いお話で、説得力があり感銘を受けました。やはり、生死の境を生きてこられた登山家として生命力、行動力に根ざしているのかなと学ぶべきところが大でした。誠実さと真実な素直さを野口さんのように表現していかなければと思いました。
・今日、再び野口さんの話を聞いて、地球上の可家具物質のゴミの深さを感じました。景気が良くなることを望んでいる社会の中で、このゴミ問題は、解決の方向に進んでいけるのか…気が重くなりました。でも、野口さんの話を聞いて、改めて取り組む大切さを感じました。
・野口 健さんの講演はすごく良かったです。環境の話から、人生までつながった話で大変よかったです。
・野口さんの体験のお話から、何かを成すには外から客観的にみることが大切であることを学べました。来てよかったです。
・野口さんの「きれい事だけではものごとを変えることができない。人に嫌われる覚悟も必要である」というところが印象に残りました。
・環境のこと、もっと意識したいと思います。野口さんの話、すごく感動しました。感覚として感じたこと、そのままにせず動かれたその行動力、すごいなぁと思います。
・地域の住民ではない方々、学生さんや野口さんが心を痛めて始められた活動。すごいことだと思います。続けてくださったことで、少しずつ輪が広がり、地域の人の心を動かし、少しずつ大きな活動になり、子どもの頃から自分たちにできることを考えていくきっかけになっていくと思いました。

アルピニスト野口 健さんの講演は、環境問題、夢・チャレンジ、生きがい、文化などにおすすめです。是非、一度プロフィールをご覧いただき、コ~エンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。

講師 野口 健さん プロフィールはこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。