萬屋手話本舗ぷ~&み~企画 講演会講師 感想


岡山県の小学校にて開催された、萬屋手話本舗ぷ~&み~企画の講演会の感想が届きました!

  • 漫才だけでなく、マジックショーもあり、楽しめ ました。子どもたちがはしゃいでいて、それを見るのも楽しかったです。聞こえる人も聞こえない人もいっしょに笑うってすばらしいことですね。ありがとうございました。
  • とてもおもしろかったです。これをきっかけに、子どもたちが手話に興味をもってくれるとうれしいです。また何度も来てほしいです。
  • 手話で漫才とマジックまでするとは思いませんでした。子どもの心をわしづかみにしていて、良い意味で、通常の講演会らしくない楽しい講演会でした。伝えたい、楽しみたいは、聞こえなくても伝わるなと思いました。ありがとうございました。
  • とても楽しかったです。相方の人に分かるように、常に手話をして伝えていて、人の気持ちに寄り添うことがすばらしいと思いました。子どもたちにも分かるように、年齢の高い方も楽しめるように工夫されていて、とてもおもしろかったです。
  • 子どもたちも大人も楽しく聞かせていただきました。
    家でまた話をしたいと思います。手話でお笑いが伝わるのかどうなのかなあ…と不安に思っていましたが、とてもおもしろく、笑わせてもらいました。
  • 子どもたちの笑いを誘い、とても楽しかったです。手話に興味をもちました。楽しく見せていただきました。聞こえなくてもこんなこともできる!ということを子どもたちに見せられてよかったです

子どもたちの感想

  • 手品で紙がうどんになったり、ハンカチのよこ線がたて線にかわったのが、すごかったです。一番おもしろかったのは、漫才でした。勉強になることもありました。
  • 私は、聞こえなくても手話で会話することによって、心は通じ合えるんだなあと思いました。 今回、ぷ~&み~さんは、漫才を中心的にやっていて、一つ気づいたことがあります。手話は、耳が聞こえない人が使い、耳が聞こえる人も、聞こえない人と手話で会話することによって、何らかの深まりを築くことができると感じました。これからもぷ~&み~さんにがんばってもらいたいで す。手話というものを、ほかの人にも伝えていきたいと思いました。
  • 私はぷ~&み~さんがとても息ぴったりにまんざいをしている姿を見ておどろきました。耳が聞こえなくてもとても楽しそうにしている姿を見て、どんなことにも挑戦し、失敗をおそれないことが大切だと感じました。また、目や耳、体が不自由でも、 やろうと思えば、どんなことでもできることを学びました。私は、これから何か不自由なことができても、いろいろなことに挑戦していきたいと思います。

* * *

萬屋手話本舗ぷ~&み~企画の講演は、障害やダイバーシティをテーマとした講演におすすめです。是非、コーエンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。

>萬屋手話本舗ぷ~&み~企画 プロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


萬屋手話本舗コンビ ぷ~&み~企画 講演会講師のご紹介


聞こえる・聞こえないをつなぐ

「笑いに障がいの有無は関係ない」と活動を始め、手話を交えた独自の漫才を繰り広げる、聞こえる「ぷ~」こと三宅さんと、聞こえない「み~」こと佐藤さんの漫才コンビ「ぷ~&み~企画」。
三宅さんが佐藤さんの手話を通訳しながら、手話ユーザーだけでなく、聞こえる人にも笑ってもらえるライブが全国人気です! 

ふたりの出会いは、15年ほど前… 三宅さんが、佐藤さんと知り合いの近所のろう者宅で手話を教わっていたときに、偶然居合わせ意気投合しました。

交流を深めるうち、手話にもジョークやくだけた表現があると知った三宅さんは、「これは漫才にできる!」と思ったそうです。

聴覚障がい者と健常者の間にある「壁」を笑いで突き破れるのではないか、聴覚障がい者と健常者、両者の笑いのツボが分かる自分たちなら笑いを通して両者をつなぐことができる、と「笑いのバリアフリー」を目指して活動しています。

※講演の様子

「虹の色は?」 「赤、黄、青…“愛”」
「『ラブ』じゃねぇ、そこは『藍』だろ!!」

み~さんが、巧みな身ぶりでボケをかますと、ぷ~さんがさりげなく説明を交えた突っ込みを入れる。息の合った応酬に会場は大爆笑! 「よろずや」という名前通り、手話漫才だけでなく、手品やトークショーなども披露する盛りだくさんの内容をお届けします。

人権講演会、障がい・福祉イベントなどにおすすめ

「病気で体が動かないおじいちゃんが、口元をわずかに動かして笑っていた!」「ろう者、健聴者の壁がなくなった!」「2人には不思議な力がある!」と口コミで話題のコンビです。

ろう者と聴者が同時に笑う。簡単なようで、めったにない。みんなで共有できる感動につながるステージを是非ご覧ください!

>萬屋手話本舗ぷ~&み~企画 プロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


【第1回】人権講演会おすすめ講師をご紹介します!(障害者の人権編)


毎年12月に実施される人権週間
全国で人権推進のためのイベントやマスメディアを利用した集中的な啓発活動が行われます。

講演会主催者様は、人権週間に向け、そろそろ講師選定をスタートされるのではないでしょうか。そこで、毎週、様々な視点から人権についてお話する講師をご紹介致していきます 。

 

夢を持って前向きに生きる「ダウン症の星」

平日は会社員として勤務する傍ら、ダウン症のタレントとしてテレビ出演や書籍出版などでもご活躍中のあべけん太さん。

講演では、あべけん太さんの前向きな毎日や、親や兄弟は何を思い、心はどう揺れて、家族は受け入れてきたのか?

家族が歩んできたこれまでの全てをお伝えいただけます。 夢を持って明るく、楽しく過ごすその姿に「希望をもちました」という感想が多く寄せられている講演です。

>あべけん太さんプロフィール

「義足は僕の武器」片足を失っても踊り続けるダンサー

昨年のNHK紅白歌合戦で、平井堅さんと共演し話題を呼んだ、義足のプロダンサー・大前光市さん。リオデジャネイロ・パラリンピックの閉会式でもパフォーマンスを披露し、会場を沸かせました。

講演では、「できない」をかけがえのない特徴として受け入れ、自分にしかできないダンスを愛し、障害の向こうにある可能性を切り開いてきた大前さんのこれまでの軌跡についてお話いただけます。

さらに、講演ではお話に加え、ダンスパフォーマンスも披露いただけます! 「片足なのにすごい」ではなく、本当に素晴らしいダンサーであることは、その踊りを見れば一目瞭然です。 しかし、片足だからこそ、その精神力や努力、苦悩も人一倍であったことも確かです。

「踊る喜び」を忘れずに再出発をして成功を掴んだ大前さんの姿勢に、挑戦することの大切さを実感できる講演です。

>大前光市さんプロフィール

聞こえる 聞こえない をつなぎたい

聞こえる三宅寿さんとろう者の佐藤正士さんによる手話漫才コンビ萬屋手話本舗ぷ~&み~企画。

ろう者のさとうさんの手話に、三宅さんが手話と音声でツッコミを入れながら同時通訳します。この独特のスタイルは、手話を知らない人たちの笑いも誘います。
その評判はクチコミで広がって、今では全国から出演依頼が来るようになりました。

「ろう者、健聴者の壁がなくなった!」「2人には不思議な力がある!」とクチコミで評判を呼んでいるお2人です。手話で笑いのバリアフリーをお届けいただけます。

>萬屋手話本舗ぷ~&み~企画プロフィール

その他講師について

他にも弊社HPに、男女共同参画関連の講師を多数掲載しています。

>障害者の人権 講師はこちら

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽に ご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。