古賀稔彦さん 講演会講師レポート


兵庫県内区役所にて「青少年を地域で讃える賞表彰式・青少年育成協議会 育成委員研修会」事業で、バルセロナオリンピック金メダリスト、古賀塾塾長の古賀稔彦さんの講演が「夢の実現 ~挑戦する事の大切さ~」と題して講演していただきました。

会場には、区長さんをはじめ主催関係者の方々、地域で日々一生懸命努力をした結果、成果を出し表彰された青少年達や、保護者、一般の方が多く参加されました。

古賀稔彦さんの講演は最初に、1992年のバルセロナオリンピックで大会直前に左膝内側副靭帯損傷の大怪我を負いながらも金メダルを獲得したことや、2004年のアテネオリンピックで金メダルを獲得した谷本歩実選手のコーチとして愛弟子を称えた抱擁のシーンは感動を呼んだことなどを紹介したDVDを上映されました。

何度も来場者に質問を投げかけながらの講演は、とても和気藹々雰囲気の中で行われ、質問に答えてくれた人にサイン色紙をプレゼントされていました。

「夢の実現 ~挑戦する事の大切さ~」と題しての講演は、夢に向かって諦めずに努力することだと「精力善用」「自他共栄」の文字をホワイトボードに書いて熱く語っていただきました。

2000年4月現役を引退し、2003年4月からは子供の人間育成を目的とした町道場「古賀塾」を開塾、柔道の技やオリンピック選手を育てるためだけではなく、挨拶をする、困っている人に声をかける、整理整頓など当たり前のことが当たり前にできることが生きて行くうえで大切なことなんだと例をあげならお話されました。

会場には柔道を習っている青少年達もたくさん参加されていて、古賀稔彦さんのお話を一語一句聞き逃すまいと真剣に聴いている眼差しが印象的でした。

古賀稔彦さんの講演は、青少年育成、夢実現、スポーツ、オリンピック・パラリンピックなどの事業でお薦めです。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>古賀稔彦さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。