仲岡しゅんさん 講演会講師 レポート


1969(昭和44)年7月に同和対策事業特別措置法が制定されたことを記念して、奈良県では毎年7月を「差別をなくす強調月間」と設定し、あらゆる差別をなくすための様々な取り組みを行っています。

その事業に、弊社から講師として弁護士でもありトランスジェンダーの仲岡しゅんさんをご紹介いたしました。

仲岡しゅんさんは、男性として生まれ、現在は女性として活動している「トランスジェンダー」です。
2015年に弁護士となって以降、自身の半生を語る講演を100回以上行い、同じ悩みを抱える人たちに『ありのまま生きていい』と伝えています。

本事業では「性的マイノリティってなに?~楽しく学ぶ、ジェンダー、セクシュアリティ~」と題して講演していただきました。

前半は「LGBT」について

対象が10代から高齢者の一般市民でしたが、どなたが聞いても大変わかりやすく説得力のある内容でした。
仲岡しゅんさんは海外旅行に行かれた国で、街中がLGBTについて理解を深めている街の様子の写真を紹介されました。

※LGBTについて考えよう – 法務省

後半は、子どものころから現在までの実体験を通じてLGBTについて理解を深めよう

  • アイデンティティーの変遷…子ども大学生のころ、ふつう(?)の男の子だった

  • 日常生活とトランスジェンダー…トイレの問題などエピソード
  • 学校とセクシュアルマイノリティ…出席簿、体育男は柔道、女はダンスなど
  • 就労とトランスジェンダー…
    派遣会社の求人の面接、学童保育の指導員(女の先生)
  • そして子どもたちに伝えてきた経験から…

  • 家庭とセクシュアルマイノリティ…信頼している人にカミングアウト
  • 本人に承諾なく言う「アウティング」はNG
  • 子どもとセクシュアルマイノリティ…1クラス40人の内一人いてもおかしくない
  • 理解やケアが大事

***

仲岡しゅんさんの講演は、LGBT、差別、いじめ、人権、男女、子育て、企業研修などにおすすめです。

>仲岡しゅんさんについてのお問合せはこちら

※ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。