わかりやすいアンチエイジング解説が人気! 医学博士 白澤卓二さんをご紹介します!


いつまでも若々しく生きるために

男女や年齢にかかわらず、見るからに若々しい人っていますよね。年齢を重ねても、若いときと変わらない人。それはもともと美形だから、ということだけではなく、どうやら、ほかの人と比べて老化のスピードが違うようなのです。

若く見える人、老けて見える人、その違いは何なのでしょうか?

 アンチエイジングとは?

日本語では「抗老化」「抗加齢」といいます。
アンチエイジングとは、加齢による身体の機能的な衰え(老化)を可能な限り小さくすること、言い換えると、「いつまでも若々しく」ありたいとの願いを叶えることです。(ヤクルト中央研究所)

人は年をとることを避けられませんが、日々の習慣やちょっとした努力次第で、いつまでも若々しくいることは可能です。

白澤さんが所長を務める、白澤抗加齢医学研究所では、細胞の加齢を制御するのに重要な三大要素である「食事」「運動」「生きがい」について研究しています。

「長寿遺伝子」のスイッチをオン!

老化の原因の75%は生活習慣や環境によるもので、そこに長寿遺伝子が深くかかわっていると考えられています。
毎日の生活習慣、環境を見直すことで、自分の長寿遺伝子を活性化させることも夢ではありません!

『世界一受けたい授業』でおなじみの、アンチエイジング医学の第一人者白澤卓二さんが、その方法をわかりやすくお伝えします!

①食事
カロリー制限でオン。自分に必要なカロリーを抑え、「腹七分目」を目安に!

②運動
毎日の運動でオン。毎日の生活に、無理なく運動を取り入れて!

③生きがい
生きがいとは「何かにときめくこと」。心の若さ、体の若さを作ります!

眠っている長寿遺伝子を活性化し、健康でいきいきと元気に過ごしましょう!

介護・認知症、健康、生きがいなどの文化講演、生涯学習講演会におすすめの講師です。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>講師 白澤卓二さんプロフィール

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話 06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。 ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。