シンガーソングライター・大野 靖之さんをご紹介します!


「歌う道徳講師」と呼ばれ、日本全国の学校で約970回でライブを行っている、大野靖之さん。

高校3年の冬、乳がんで闘病中の母をホスピスで亡くして以来、ホスピスや家族のいない子どもたちのいる児童養護施設等を訪ね、「命」や「家族」をテーマに歌を歌い続けています。

日本全国の小学校、中学校、高校で開催する「学校ライブ」が話題を呼び、青年版国民栄誉賞といわれる「人間力大賞」を受賞しました。7つの学校の校歌制作や、道徳・家庭科の教科書に歌詞が使用されるなど、幅広く活躍しています。

大野さんの公演では、
「自分はこのままでいいのか」「どう生きていけばいいのか」
その答えが見つからなくて悩んでいる人へ、そっと語りかけます。

夢の大切さ、愛の素晴らしさ、命の尊さについて語る公演は、親子で一緒に聴いてほしい、やさしい公演です。

大野さんの公演は、いのちや家族をテーマにした学校公演におすすめです。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>大野 靖之さんプロフィール

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話 06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。 ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております