「人生会議」してみませんか?


「人生会議」とは

 

「人生会議」とは、もしものときのために、あなたが望む医療やケアについて前もって考え、家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い、共有する取組のことです。

あなたは、「もしものこと」を考えたことがありますか?

命にかかわるような大きな病気やケガをしてしまったときに、あなたの考えに沿った治療やケアを受けられるよう、大切な人と話し合っておくことで、あなたと家族や友人の心の負担が軽くなる手助けになるのではないでしょうか。

落語講演できっかけづくりを

「天神亭きよ美」の名で社会人落語会に参加する行政書士の生島清身さんは、遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。
2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連の講演を各地で行っています。

誰にでも間違いなく訪れる「死」から目をそらさず、自分がどう生きるか、生ききるかということを考え、実現するための「終活」「エンディングノート」、そして「成年後見制度」についてもお話されます。

「看取り」に関連した講演実績
・人生の終わりを考えるフォーラムin豊川(愛知県豊川市)
・滋賀の医療福祉を守り育てる県民フォーラム(滋賀県野洲市)
・「住み慣れたまちで安心して最期を迎える」住民のつどい(滋賀県豊郷町)
・高齢者リフレッシュ講座(京都市右京区)
・落語で終活~最後まで自分らしく生きる~(徳島県徳島市)

「人生の最期」という重いテーマを、落語という形で笑いとともに伝える生島さんの講演会は、福祉大会、人権、高齢社会、成年後見制度などをテーマにした講演会におすすめです。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>生島清身さんプロフィール

※講師・講演料に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。