辻いつ子 講演会【2023年最新情報】


 

辻いつ子さんに講演依頼は可能か?

リアル講演・オンライン講演ともにご講演可能です。

盲目の天才ピアニスト ”辻井伸行” の母・辻いつ子さんをご紹介します。

1960年、東京生まれ。東京女学館短大卒業後、フリーのアナウンサーとして活躍。
1986年、産婦人科医の辻井孝氏と結婚。

1988年に生まれた長男・伸行氏が生後まもなく全盲とわかり、絶望と不安のなか、育児書や子育てマニュアルが全く役に立たないところから、手探りで子育てをスタートする。

「明るく、楽しく、あきらめない」をモットーに、持ち前のポジティブさと行動力で伸行氏を育てる。

つねに子どもの可能性を信じ、よく見て、ほめる「親ばか」の子育てで、生後8カ月で伸行氏の音楽の才能を見つけ、プロのピアニストへと二人三脚で歩む。

その結果、2009年6月、アメリカで開催された第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで、伸行氏は日本人初の優勝を果たす。

また、子育てに悩む親御さんが集まって、意見交換をするサイト「辻井いつ子の子育て広場」を開設。自分の経験をもとに各地で講演活動を行う。

2015年4月から、TBSラジオ「ミキハウスpresents辻井いつ子の今日の風、なに色?」でラジオパーソナリティを務める。

辻いつ子さんを講師として派遣するメリット

世界的なピアニストとして活躍する息子の伸行さんは赤ちゃんのころ、自宅や外出時の生活雑音に敏感に反応しいつも泣いていました。

一般の母親からすると困った状況ですがいつ子さんはそうは考えませんでした。
「この子は、耳の感度が人より優れているのかもしれない…」泣くことを短所と考えのではなく、長所と考えたのです。

いつ子さんにとって子どもの才能を引き出す一番のポイントは、「親ばか」になること。これはモンスターペアレントをはじめとする、自己中心的な親ばかになることではありません。

親が子どもの可能性を信じて、よく観察する。そして、たっぷりの愛情をもってほめ、応援することで、子どもの才能を引き出してあげる力のこと。これこそが、いつ子さんの子育て法です。

講演では、わが子の才能をいかに見つけ、引き出したか、自身の経験と、子育てのポイントについてお話いただけます。

国際ピアノコンクールで優勝した子・辻井伸行さんのこれまでの感動の軌跡と、母・いつ子さんの子育て術は、子育て、孫育てで悩む方、必聴のお話です。

辻いつ子さんの講演料は?

気になる辻いつ子さんの講演料ですが、下記講演料となります。

講演料金は目安です。消費税・交通費等が別途かかります。
事業の趣旨、講演時間等により変動する場合がございます。詳細は弊社へお問合せください。
※お問い合わせをいただきましても、強引な営業は一切致しません。安心してご連絡下さい。

辻いつ子さんの講演会情報に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

辻いつ子さんが講演でお話する
先の見えない日々や、ご夫婦の苦しみ、それを乗り越えられた姿に、
夫婦と家族、子育て、思い、出会いの大切さなどが心に染みます。

子供の個性を伸ばすためのお話は、子育て中の方や指導者のおすすめです。

>辻井いつ子さんプロフィール

※講師・講演料に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。