内村周子さん 講演会講師 感想文


山口県内にて開催された、スポーツクラブ内村 コーチ・内村周子さん講演会の感想文が届きました!

  • 仕事、家事にかまけて毎日「忙しい」と怒ってばかり。子どもの言葉にもう少し耳を傾け、日々普通の日常を「ありがたい」と感謝し、生きていきたいと思います。ありがとうございました。
  • 熱い方だなと、改めて感じ、全力でご自身を輝かせていらっしゃる姿、素敵でした。飾りけない本音でお話頂き、明日から頑張ろうと励みになりました。
  • 頂点に行くよりそこを望む。むかって行く、立ち位置が良かったのでは。親の責任を私は重圧と感じていました。今日のお話を通して少し振り返るチャンスをもらったような気がします。
  • とても心に残る講演会、ありがとうございました。人生うまく行かないこと、辛いことが99%。
  • 辛いのは生きているということ。いかに自分が幸せになれるか→いつも幸せと思うことが大事という言葉が心に響きました。いつまでも子供を抱きしめ、子供を見守っていきたいと思います。
  • 明るくポジティブ!前向き、何てすばらしい!本当にそう思います。こういう生き方を全ての人が持っていて生きていたらどんなに明るい社会が開けてくるのでしょう・・・人の命、全ての人に与えられた権利、ありがたい!ありがたい!

講演会では、内村家流、子ども可能性の・才能の伸ばし方の極意や、自らの夢を追いかけ続ける前向きな精神を伝えます。是非一度プロフィールをご覧ください!

講師 内村周子さん プロフィールはこちら

※講師・講演料に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


河合純一さん 講演会講師のご紹介


日本パラリンピック委員会の新委員長に就任

講師 河合純一さんは先天性の目の病気があり、中学3年生のときに完全に視力を失いました。

大好きな競泳で世界一になるという目標を掲げ、パラリンピック 6 大会連続出場、金メダル5個を含む21個のメダルを獲得しました。

「夢」 は、人生の大きなテーマ

全盲というハンデをものともせず、小さなころからの2つの夢、中学校の教師になることと、水泳で世界一になるという夢を実現した河合純一さん。

講演では、夢に向かって努力し続けていく大切さや喜びについて語ります。

障害者としての目線から、社会での共生、人権といった、 “ 生きる ” というテーマに直結した内容もお話しします。

夢に向って努力することの大切さを時に熱く、時にはユーモアを交え、あることを全て受け入れ、夢を持って前向きに生きて行くことの大切さを、まさに自らの生き方をもって私たちに示してくださいます。

人権、福祉をテーマにした講演会や、文化講演会、学校・教職員研修などにおすすめの講師です。ぜひ、一度プロフィールをご覧ください。

>河合 純一さん プロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


露の団六さん 講演会講師感想文


愛知県にて開催された、落語家・露の団六さん講演会の感想文が届きました!

  • 専門用語でないわかりやすい言葉で、理解しやすかった。
  • このような制度があることを知らずにいたので、今回の講演を聞いてよかった。
  • 成年後見制度の運用の難しさが理解できた。制度の運用が個々の事情に合ったように中々対応してもらえないように感じた。
  • 漠然としたことしか知らないことが、話を聞くことで少し分かった。
  • 落語家としてのユーモアたっぷりの話がとても楽しめた。
  • ユーモアを交えた分かりやすい話で、大変勉強になった。
  • 久しぶりにお国訛りを聞き、懐かしくもあり故郷を思い出した。落語も久しぶりで心から笑うことができた。
  • 成年後見制度について、要約してくれて大変わかりやすかった。

露の団六さんは、ノーマライゼーション、家族やいのち、人権教育などをテーマで講演会をお考えの方にお薦めの講師です。是非、コーエンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。

講師 露の団六さんプロフィールはこちら

※講師・講演料に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております