長谷川 一義

はせがわ かずよし
長谷川 一義

肩書き
津軽三味線奏者
出身・ゆかりの地
青森県

この講師のここがおすすめ

関西の津軽三味線のトップとして活躍中の長谷川一義さんは、ジャズやロックのミュージシャンとの共演も多く意欲的な活動をしている。演奏とトークでは、「~津軽の響き~津軽三味線に秘められた日本の心」「津軽三味線と人権のかかわり」等お話くださいます。

プロフィール

1952年 津軽三味線の地元の名人長谷川竹太郎の長男として青森県に生まれる。
1970年 福士豊勝氏に師事。
1972年 五綿竜二氏に師事。
1975年 上京。大阪の民謡酒場”春日”にて修行。
1976年 松竹芸能に所属ロオンレコード所属。
1978年 長谷川社中を結成。

現在、関西の津軽三味線のトップとして活躍中。ジャズやロックのミュージシャンとの共演も多く意欲的な活動をしている。

<主な曲目>
津軽じょんがら六段 、津軽の盆唄 (嘉瀬の奴踊・黒石よされ・津軽甚句)、津軽五大民謡 じょんがら節 よされ節 あいや節 小原節 三下り、音の幻想 「和」、あどはだり、他

主な講演のテーマ

1. ~津軽の響き~ 津軽三味線に秘められた日本の心
2. 津軽三味線と人権のかかわり

カテゴリー

官公庁向け
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

あなたにオススメの講師

Page Top