渡辺 りえこ

わたなべ りえこ
渡辺 りえこ

肩書き
サインシンガーソングライター
出身・ゆかりの地
兵庫県

プロフィール

兵庫県神戸市出身。
両親ともに耳が不自由であったため日本語より先に手話を第一言語としておぼえ家族を支える。
阪神大震災被災時には手話を使い両親を支える姿がテレビや新聞などで伝えられ反響を呼ぶ。その後、お天気キャスター、手話通訳、歌手などの活動を経て手話と歌を融合させた「サインシンガーソングライター」という独自のジャンルを確立。
現在は1人でも多くの人に温かい気持ちを届けたいという想いのもと全国各地で手話&トークライブを行う。

<主な経歴>
1995年 阪神淡路大震災で被災中に耳の不自由な両親を支える姿が産経新聞一面で報道される。
その後TBS、ABCなどでテレビ出演。
1996年 福祉映画「ボンバーマン 勇気をありがとう 私が耳になる」の主人公として描かれる。
2000年 路上ライブで活動中、オファーにより神戸大学厳夜祭に出演。
2003年 BIGECHOで「エースをねらえ!」主題歌オーディションを受け、大阪代表。
web上での人気投票1位を獲得。
2005年 震災10年を祈念し、産経新聞一面に掲載される。
2005年 手話ライブを開始。お天気キャスターオーディションにも合格し、テレビなどで活躍。
2006年 コロムビアよりファーストシングル「目標」でメジャーデビュー。
株式会社九九プラス(SHOP99)の企業イメージキャラクターに起用される。
2007年 横浜FM放送「頑張れって言わないで」のレギュラーラジオ番組DJに起用される。
music.jpから日本初の手話動画着うたムービーを配信。
NPO法人“音の羽”のオファーにより自作オリジナル曲「幸せに輝くように」が販売記念着うた配信され、
5000ダウンロードを達成。NHK「ハートをつなごう」にて30分間の独占ドキュメンタリー番組に出演。
NHK障害福祉小説大賞優勝賞受賞。
2008年 「Earthday Tokyo 2008」の手話通訳を担当。Earthday Tokyo 公式HPより配信された
無料動画ムービーが万ダウンロードを達成。同年ホールライブを各所で開催。
2009年 Stickam Japan!(インターネットライブ配信サイト)にて「りえこのNANAME41」の
メインパーソナリティーを務める。同年5月に番組名を「りえこのSignTV」に変更し、放送を再開。
毎週さまざまなゲストを招き、日本初の手話バラエティー番組として放送。

主な講演のテーマ

『共に生きていこうとする気持ち トーク&手話ライブ』

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

あなたにオススメの講師

Page Top