岩崎 夏海

いわさき なつみ
岩崎 夏海

肩書き
放送作家
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として数多くのテレビ番組の制作に参加。アイドルグループAKB48のプロデュースなどにも携わる岩崎夏海氏。著書「もしドラ」が流行し、講演では「 なぜドラッカーは「イノベーション」を重視したのか?」などをテーマに話す。

プロフィール

1968年 東京都生まれ。
東京芸術大学建築科卒。大学卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として数多くのテレビ番組の制作に参加。その後、アイドルグループAKB48のプロデュースなどにも携わる。
2009年12月、初めての作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を著し、【 2015年12月現在、280万部(含む電子書籍/文庫)】6年ぶりに続編となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「イノベーションと企業家精神」を読んだら』を発表。
また、2012年8月より、ニコニコチャンネル「ハックルベリーに会いに行く」にて、ビジネス、マネジメント、マーケティング、クリエイティブのテーマについて毎日コラム執筆中。

<主な著書>
『甲子園だけが高校野球ではない』(廣済堂出版)『エースの系譜』(講談社)
『小説の読み方の教科書』(潮出版社)『チャボとウサギの事件』(文藝春秋)
『甲子園だけが高校野球ではない2』(廣済堂出版)『宇宙って面白いの?』(講談社)
『まずいラーメン屋はどこへ消えた?「椅子取りゲーム社会」で生き残る方法』(小学館)
『部屋を活かせば人生が変わる』(夜間飛行)『部屋を活かせば頭が良くなる』(夜間飛行)
『50からの老いない部屋づくり』(メディアファクトリー)『競争考』(心交社)
『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「イノベーションと企業家精神」を読んだら』(ダイヤモンド社) 他多数

主な講演のテーマ

1. なぜドラッカーは「イノベーション」を重視したのか?
20世紀後半、情報化社会の到来を予見したドラッカーは、それによって「競争社会」が激化 せざるを得ないことを確信しました。そうなると、競争に負けた人たちの「居場所」はどうなる のか? 実は、それを新たに作るものこそ「イノベーション」と考えたのです。そうして、 実際に競争社会に到来した現代において、「イノベーション」の持つ意味はますます 高まっています。岩崎は、ドラッカーのその視点から、「イノベーション」と「居場所作り」 との関係、またその方法について、詳しく解説していきます。

2. なぜ今ドラッカーが求められるのか
「もしドラ」ブームは単に本としての流行にとどまりません。 これを契機に、原本が読み直され、多くの組織で実践する人が増えています。 なぜいまドラッカーが求められているのか? その理由を、『もしドラ』を書いた著者の立場から分析します。

3. 正しい読書について
本を読むことの面白さとは?どのような視点で本を読むとより楽しめるのか? 自身の長年の研究テーマでもある「読書」について、本に助けられた経験や、 難しい本を理解できたときの喜びなどをもとに、読書の楽しみ方を語ります。

4. 夢は絶対に叶わない!?夢が夢であるうちは叶わない。目標でないと達成できない?
実力はあるのに夢を達成できる人とできない人の差は 自分の将来を具体的にイメージできるビジョン力があるかないかの違いです。 自著『もしドラ』を200万部売る目標から逆算して出版した経験から、 企画・コンテンツの作り方から販売におけるポイントを分析します。

5. 椅子取りゲーム社会で生き残る方法
インターネットによる情報システムの激変であらゆるビジネスが「大競争時代」に突入した。 最後にたったひとつ残る「勝者の椅子」をめぐって多くの企業・個人があらゆる手段を使って 競争を繰り広げるが、椅子の数自体が激減する今、この「椅子取りゲーム」に参加すること に意味はあるのか。また、「競争しない」という新しい選択にはどんな生き残り戦略が必要 とされるのか。 新時代の論客としてネット社会で注目を集める作家・岩崎夏海が大ベストセラー「もしドラ」 の舞台裏など、豊富なエピソードから解説する「4つの生き残り戦略」、実践的ビジネスサバイバルを提案します。

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』

    出版社: ダイヤモンド社
  • 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』

    出版社: ダイヤモンド社
  • 『甲子園だけが高校野球ではない』

    出版社: 廣済堂出版

あなたにオススメの講師

Page Top