杉浦 貴之

すぎうら たかゆき
杉浦 貴之

肩書き
シンガーソングライター
命のマガジン「メッセンジャー」編集長
がん患者でホノルルマラソンを目指す「チームメッセンジャー」代表
出身・ゆかりの地
愛知県

この講師のここがおすすめ

がん余命半年から生還された杉浦貴之さん。
生きることをあきらめず、病と闘い続けた感動のストーリーは多くのメディアで話題をよびました。『生きる勇気がわいてくる』と評判の講演です!

プロフィール

1971年愛知県生まれ。
1999年28歳にしてがん宣告。PNE(未分化原子神経外胚葉性腫瘍)と呼ばれる特殊な腫瘍で、当時同じ症例で2年以上の生存例がなく、「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。しかし、病床で「がんを絶対に治す」と決意。左腎摘出手術の後、抗がん剤治療2クール。以降、再発を予防するため自助努力に励む。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『メッセンジャー』を創刊。病床で描き続けた、ホノルルマラソンに出場し、翌日結婚式を挙げるという夢を実現させる。夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。20102016年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。トークライブ、学校での講演、『メッセンジャー』の取材と全国を駆けまわっている。

<主なメディア出演>
日本TV「誰も知らない泣ける歌」「24時間テレビ」
フジTV「奇跡体験!アンビリーバボー!」
他多数

<主な著書>
「命はそんなにやわじゃない」(かんき出版)

主な講演のテーマ

1. 命はそんなにやわじゃない ~がん余命半年から19年目を迎えて~
2. 命の可能性は無限大 ~がん余命半年から19年目を迎えて~
3. 夢の力で元気になった ~がん余命半年から19年目を迎えて~
4. 人間の無限の可能性を引き出す方法

がん余命半年からの生還。
それは決して奇跡ではありませんでした。講演でお伝えする内容は、決して闘病記ではなく、がんを道標として、新たな自分(本当の自分)に生まれ変わる再生記。悩み、苦しみ、迷いながら、それでも生きることをあきらめず、命あることを歓び、つねに笑いを求め、逆境をも楽しみながら再生していく。闘病生活を通して得たすべてを、皆さまにお伝えいたします。

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『命はそんなにやわじゃない』

    出版社: かんき出版

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top