片岡 亮太

かたおか りょうた
片岡 亮太

肩書き
和太鼓・パーカッション奏者
出身・ゆかりの地
静岡県

この講師のここがおすすめ

和太鼓&パーカッション奏者の片岡亮太氏が目指すもの!それは「人が集い、音が響き、時が輝く」瞬間!講演では10歳で失明した片岡氏の歩んできた人生での学び、気づき、障害学の視点に触れながら日本とニューヨークの比較、ともに生きること、夢について話す。

プロフィール

1984年、静岡県生まれ。
11歳の時に盲学校の授業内で和太鼓と出会い、以来地域のお祭りやイベント等への出演を重ねる。
2007年、上智大学文学部社会福祉学科首席卒業、社会福祉士の資格取得、プロ奏者としての活動を開始和太鼓、ジャンベ、ホーミー、歌などを組み合わせた独自のソロパフォーマンスを中心にコンサートやイベント等に出演。また、自身の失明体験や視覚障害者としての生活から感じることをトークに交えた公演を学校、企業等に向けて多数実施。
2011年、ダスキン愛の輪基金「障害者リーダー育成海外研修派遣事業」の研修生として1年間渡米しニューヨーク市で暮らす。ライブパフォーマンスや、コロンビア大学内の教育学専攻大学院Teachers Collegeでの障害学の学びを通して研鑽を積む。在米中、ジャズフレンチホルン奏者で作曲家の山村優子と出会い、デュオ「Ajarria(アジャーリア)」を結成。
2014年 静岡県立沼津視覚特別支援学校評議員に就任。

<主な受賞歴>
2007年 和太鼓&篠笛ユニット「The J.B.’f(ジェービーフ)」で「第4回ゴールドコンサート」グランプリ受賞
2008年 ソロ演奏で「第4回桂座音楽賞」グランプリ受賞
2011年 ジャズホルンの山村優子とのデュオ「Ajarria(アジャーリア)」で「第9回Japan Arts Matsuri」 タレントナイトにてグランプリ受賞。
2016年 社会福祉法人視覚障碍者支援総合センター主催:活躍が期待される若手視覚障碍者に送られる「第14回チャレンジ賞」受賞

<リリース>
2012年7月 Ajarria1stアルバム「Ajarria」をリリース
2013年4月 山村優子1stアルバム「Dancing in the Dialog」にパーカッション奏者として参加
参加曲「Take your hand」が、米国の国際的な作曲コンテストであるUSA・ソングライティング・コンペティション2013ジャズ部門ファイナリスト、アメリカン・ソングライティング・アワード2014ジャズ部門最優秀曲にそれぞれ選出。

主な講演のテーマ

1. 違いを抱きしめ合える社会へ
2. 時明かり ~人が集い、音が響き、時が輝く~
3. 熱い気持ちで一歩ずつ ~いつでも心に明かりをともして~
4. 道を進む ~自分自身の足跡と未来をみつめて~
5. 生き続けていくことが持つ可能性
6. 片岡亮太コンサート

<講演概要>

  • 10歳での失明後、視覚障害(全盲)とともに歩み続ける中での経験。また、それらから学び、感じてきた事について。
  • 社会福祉や「障害は文化である」、「身体的な差異が生み出す弊害は社会的な問題である」などと述べる障害学の視点に触れながら、日本での生活とニューヨークでの体験を比較。
  • 和楽器を中心とする片岡亮太と、ジャズフレンチホルンの世界で、パイオニアとして活動し続ける山村優子。音楽的にも障害の有無という意味においても「異文化交流」と呼べる二人の視点から語る「ともに生きる」ことや、「夢を持つ」ことについて。

    <片岡亮太コンサート>

「人が集い、音が響き、時が輝く」それが、片岡亮太の目指すもの。
和太鼓に、小鼓・カホン・ジャンベをはじめとする様々な民族打楽器、歌やホーミーなどを組み合わせた独自の音世界。ソロ演奏だけでなく多様なジャンルとの共演を重ねる中で培われた音楽観、日本古来の楽器と現代的な和太鼓演奏の融合によって紡ぎだされるリズムや響きで聴衆の心を震わせる。
また、自身の失明体験や聴覚障害者としての経験を交えた公演も地域、学校、企業等に向けて多数実施。年齢や国籍、様々な差異を超えてつながりあうことを目指した舞台は、笑顔と”生き続ける”力を湧き上がらせる。

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『Ajarria』

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top