増田 太郎

ますだ たろう
増田 太郎

肩書き
ヴァイオリニスト&ヴォーカリスト
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

ヴァイオリンに親しんでいただくための楽器紹介や、数々の出会いやエピソードを盛り込んだ「共に生きる素晴らしさ」を再確認できる、笑顔と希望、気づきに満ちた講演ライブです。増田太郎さんの、生命力あふれる演奏が、世代や性別、人種、障害、国境の垣根を超えて、皆様の心に響くひとときをお届けします。

プロフィール

5歳よりヴァイオリンを始め、20歳で視力を失うも、その生命力あふれる演奏が、フジTV「とくダネ!」、テレビ東京「生きるを伝える」、BSフジドキュメント、ヒストリーチャンネルはじめ、新聞各紙に取り上げられる。楽曲『雲』がNHK「みんなのうた」で放送されたほか、ヴァイオリニストとして、森山直太朗さんの『手紙』(シングル『さくら独唱』カップリング)や様々なアーティストのレコーディング、コンサート、楽曲提供など、多数のプロジェクトに参加。まっすぐなメッセージと魂のヴァイオリンは、国体開会式、パラリンピックイベント等で話題に。東日本大震災直後に発表した楽曲『希望の景色』と共に、石巻「日和山神社」はじめ、被災地・避難所等での演奏も続けている。全国各地の自治体、学校、企業等で開催している参加型“講演ライブ”では、客席とコミュニケーションをとる“拍手リサーチ”や絶対音感を駆使して様々な擬音をヴァイオリンで再現するなど、会場いっぱいの笑顔でスタート。

「できないこと」ではなく「できること」を見つければ、人生はもっと輝くはず。人とのつながりが薄い、と言われる昨今。「共に生きることの本当の意味」「誰もがみんな素晴らしい可能性を持っている」そんなまっすぐなメッセージとともに、ときにやさしく、ときにパワフルに奏でる“希望の音色”に、「ヴァイオリンのイメージが180度変わった」「大切な人を想い涙がでた」「自分にも、もっとできることがあると思った」など、世代を超えて大きな反響が寄せられている。教育・人権・共生・多様性・障害など、あらゆるテーマでの講演経験多数。言葉だけでなく、音楽で想いをつなぐ“プラスα”のステージは、世代を超えて人気が高い。

<主な活動履歴>
>主な活動履歴はこちら

<主な講演実績>
>主な講演実績はこちら

<主なメディア出演他>
●テレビ東京「生きるを伝える」
>ダイジェスト動画はこちら(※ブラウザによって再生できない場合あり)

●『約束の場所で/増田太郎~東北zeroツアー』

●広報みたか/三鷹市長新春対談「音楽と笑顔で心をつなぐ真のバリアフリーを実現したい」
>音楽と笑顔で心をつなぐ真のバリアフリーを実現したい①
>音楽と笑顔で心をつなぐ真のバリアフリーを実現したい②

●人権教育啓発情報誌「アイユ」巻頭インタビュー
>心と心が響き合う講演ライブ

●東京新聞全国版夕刊一面
>「挑んでつかめ」音楽伴奏

主な講演のテーマ

1. 歩き出すのは自分しだい
「自分に自信のない子が多いんです」「もっと夢を持ってほしい」
そんな教育現場のみなさんの想いや保護者の方々の願いを形にした講演ライブです。
最初は寝る気満々の子ども達が、生演奏の迫力とヴァイオリンから繰り出される様々な擬音に目を輝かせ、どんどん話に引き込まれ、友人のこと、家族のこと、そして、いつしか、自分自身のことを考える時間。「久しぶりに家族で同じ話題で話をしました!」という保護者からの嬉しいメッセージも。「とても落ち込んでいたけれど、まだまだ自分にはできることがある、と勇気がでた」など、生徒さんからもまっすぐな感想が多数届いています。
「普段は保健室登校している生徒が、自分の夢を生き生きと語った姿に本当に感激した」と先生からの声も。子ども達だけでなく、先生方や保護者のみなさんにも一緒に聴いてほしい教育講演ライブ。幅広い年齢層に人気のため、学校主催はもちろん、《人権》《多様性》《共生》といったテーマのイベント・講演会にも大変好評です。

2. 心の握手
「家族・友人・仕事仲間…。自分にとって近しい存在だからこそ、あえて気持ちを伝えることをさぼってしまう、そんな瞬間もあると思います。そんな時大切にしたいもの、それは…」
忙しい毎日に、少しだけ深呼吸。人間関係が希薄になり、気遣いや思いやりが消えつつある、といわれる昨今。盲導犬エルムと歩いた日々や被災地で出会った人たちと交わした《心の握手》のエピソード。ヴァイオリンが紡ぐやさしいメロディと、温かな言葉の数々に、懐かしい風景、大切な人がよみがえる特別な時間です。
「いまこの瞬間を共に生きている」。そんなメッセージが市民向け講演会や街づくり、ふれあいフェスタ、さらには団体の周年行事などのイベントにも大好評。子育て中のお母さん対象の企画としても、とても喜ばれています。

3. 生きるを伝える
命があまりにも軽んじられている昨今。「自己肯定感が低い」という言葉をあちこちで耳にするようになりました。その矛先は友人に、家族に、そして最後は自分を傷つけることに。自殺防止を唱えるのではなく、生きることの素晴らしさを分かち合い、《誰か》になろうとするのではなく、《自分自身》になればいい。
20歳で視力を失うも自らの可能性に蓋をせず、《できないこと》ではなく《できること》を探しながら輝き続ける増田太郎。「いま共に活動しているミュージシャンもスタッフも、みんな見えなくなってから出会った人たちばかり」そう笑顔で語る彼と出会った聴衆からは「久しぶりに心から笑った」「もう死んでもよいと思っていたが、そうではなかった」「自分にもできることがまだたくさんある、と思った」など、多くの感動の声が寄せられています。
「誰もが自分のなかに《幸せを感じるセンサー》を持っているはず」ときにやさしく、ときにパワフルに響く《希望の音色》とともに、《新しい自分》と出会える時間です。

4. We have NO LIMITS~可能性は無限大~
国体と障がい者スポーツ大会を合わせ、東京で54年ぶりに開催された、《スポーツ祭東京2013》開会式(味の素スタジアム)や、2017年5月、パラリンピック応援イベント《共生スポーツ祭(東京体育館)》や東京都主催、延べ5万2千人来場の《NO LIMITS SPECIAL(上野恩賜公園)》でも、全力でヴァイオリンを奏で、歌声を響かせ、熱いメッセージを届けた増田太郎。アスリートだけでなく、彼らを支え、励まし、ともに走り続ける仲間や家族のみなさんを想い、《スポーツ祭東京》のために書き下ろした楽曲《アスリートのテーマ》《君は挑む、その先の未来へ》とともに、言葉も人種も障害も越えられる、スポーツと音楽の舞台をテーマに「誰もがみんな素晴らしい可能性を持っていること」「自分に挑戦」することの尊さ、素晴らしさを語ります。

5. 奇跡のバトン~動物も人も、すべての命が輝くために~
ひとりひとりの小さな行いや思いやりがバトンとなってつながったとき、そこに《奇跡》は起きる。岡山県倉敷の保健所を訪れた際、収容されていた犬たち。
なでられてもじっとしている子。だんだんとしっぽを振ってくれる子。
数は少ないけれど、自己主張するかのように、キャンキャン泣いている子。
それぞれが、様々な反応を示す中、「どの子も怯えてはいるけれど、でも、決して人間を拒絶していない」そんな印象を受けました。
人間の身勝手な事情で捨てられ、命まで断たれてしまう子たちは、残念ながらゼロではありません。でも、そんな命を救うことができるのも、やっぱり人間なんですよね。
殺処分ゼロを目指す《TOKYO ZEROキャンペーン》呼びかけ人でもある増田太郎が、盲導犬《エルム》と歩くなかで授かった、かけがえのないたくさんの出会いと気づき。
9年半後に訪れた、エルムとの別れのエピソードなどを通し、命の尊さ、想いやり、支えあうことの大切さを温かなヴァイオリンの旋律とともに会場に届けます。周りの命をそして自分自身をいままでより愛しく感じられる、そんな時間を過ごしてみませんか。

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『希望の景色』

    レーベル: M-Pro
  • 『毎日が歌ってる』

    出版社: すばる舎

ギャラリー

聴講者の声

  • 法人会女性部会の設立30周年の記念講演ライブお疲れ様でした。参加者一同大変感動し、素晴らしい記念の会になり、太郎さんに来ていただいて本当に良かったと感謝しております。笑いあり、涙ありで、私も聴きながら思わずほほ笑ましくなったり目頭が熱くなったりで、あっという間の時間でしたが忘れられない時間となりました。また、機会がありましたら太郎さんのライブ聴かせていただきたいと思います。またお会いできるその日まで、どうかお元気で!!(岐阜県/法人会設立記念講演会)
  • 先ほど八尾市のプリズムホールでのコンサートに参加し、興奮冷めやらぬ状態です。本当に人を楽しませることを考えてらっしゃるのがすごく伝わってきてジーンとしました。ヴァイオリンを弾きながら歌うパフォーマンスにも驚きましたが、メロディーを会場のみなさんが口ずさみ、思わずアンコールでもみんなで歌ってしまうだなんて本当に信じられないミラクルな出来事でした。会場の皆さんは実はファンクラブの人?ってくらいびっくりしました。何かを言い訳にして生きている自分をみつめるいいきっかけになりました。ありがとうございました!応援しています!(大阪府/企業主催講演ライブ)
  • お世話係の主任児童委員の者です。講演ももちろん素晴らしく,唄もホレボレするくらいの声量とお上手なのはもちろんですが何より太郎さんのお人柄に心打たれました。『人権教育』の中の講演でしたが、太郎さんご自身がどなたにも感謝を持って真摯に生きていらっしゃるお姿に感動いたしました。小さなことでクヨクヨしている自分が恥ずかしくなってしまいました。お会いできて良かったです。是非又もう一度 講演をして頂ける機会を心待ちにしております。今度は 夏,鮎の美味しい季節にお越しください。(人権講演ライブ)
  • 本日は、お忙しい中、講演ライブをしていただきまして、ありがとうございました。みなさん、自分に興味がないものには、即反応し帰ってしまう傾向があるのですが、ずっと増田太郎氏の曲に酔いしれていたようで、ほとんどの方が最後まで増田太郎氏の歌にひきつけられていた様です。また、近日になっての時間の変更にも迅速に対応していただき、感謝感謝です。本当に、増田太郎さんと出会えてよかったです。ありがとうございました。(東京都/社会福祉協議会)

>感想文はこちら

あなたにオススメの講師

Page Top