金子 鉄心

かねこ てっしん
金子 鉄心

肩書き
世界の笛奏者
出身・ゆかりの地
その他

この講師のここがおすすめ

世界の笛を奏でる金子鉄心さんは、ギター岡部わたる、アコーディオン藤沢祥衣の3名で鞴座(ふいござ)として各地のライブ、イベントで演奏活動中。イーリアンパイプス、ホイッスル、サックスを駆使し、ヨーロッパの大衆音楽を演奏し、アルバムを4枚発表している。

プロフィール

★金子 鉄心(かねこ てっしん)/世界の笛奏者
(サックス、イーリアン・パイプス、ソプラノ・、ティン・ホイッスル、尺八 他)
1986年、ロックバンド「おかげ様ブラザーズ」のサックス奏者としてメジャーデビュー。その後、ケルト音楽などの影響を受け、’98年、ギタリストの押尾コータロー氏等と共に、アイリッシュ&ミュゼットバンド「オーサカ・エグザイル」を結成する。
また、様々なジャンルのアーティストのコンサートのサポートやレコーディング、舞台の音源制作などを手掛ける。
現在、ヨーロッパの大衆音楽を演奏するグループ、「鞴座(ふいござ)」を主宰、アルバムを4枚発表している。

★伴奏者:藤沢 祥衣(ふじさわ さちえ)/アコーディオン奏者
アイルランド音楽の影響を受け、’96年よりアコーディオンをはじめる。
カンツォーネやミュゼットなどのヨーロッパ大衆音楽の演奏をベースに、あらゆるジャンルのミュージシャンのコンサートやレコーディングのサポートをつとめる。
欧州大衆音楽座『鞴座(ふいござ)』メンバー。

主な講演のテーマ

『世界の笛で奏でる世界の名曲、懐かしの歌』

カテゴリー

教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top