時田 直也

ときた なおや
時田 直也

肩書き
声楽家/バリトン
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

声楽家(バリトン)の時田直也さんは、生後半年で未熟児網膜症と診断される。「目が見えないことは不便ではありますが、決して不幸ではないのです。今、生かされている喜びと輝きを歌い続けてゆきたい。歌うことは希望を語ること。」という思いを歌にのせてお話して頂けます。

プロフィール

生後半年で未熟児網膜症と診断される。
1960年 神戸市に生まれる
1981年 「ヘレンケラー全日本盲学生音楽コンクール声楽の部」優勝
1984年 大阪府立盲学校専攻科音楽科卒業
1989年 大阪音楽大学音楽学部声楽課 卒業
1995年 阪神淡路大震災被災 自宅全壊、公演
1996年 神戸芸術文化団体 ”半どんの会”より「文化賞芸術奨励賞」受賞
1998年 大阪センチュリー交響楽団とアクロス福岡にて共演
1999年 総理府主催「障害者の日」中央式典のゲストとして出演
2008年 マツダ株式会社本社にて「人権ロビーコンサート」
株式会社ダスキン東横 40周年記念式典にて記念コンサート
中越沖地震再起支援コンサート出演 NHK新潟ニュース610出演
2010年 阪神淡路大震災15年追悼コンサートを青谷福音ルーテル教会にて行う
2011年 東日本大震災追悼コンサート CD売上と寄付金をNPO法人シャローム(福島市)へ寄付
2012年 東日本大震災追悼コンサート 寄付金をNPO法人シャローム(福島市)へ寄付
12月24日 クリスマスコンサート Holy Night ~聖なる夜~ 
一人オラトリオ(歌・語り・朗読・ピアノ・効果音まで演じる)
音楽ホール&ギャラリー里夢にて

<主な曲目>
野に咲く花のように/見上げてごらん夜の星を/わたしと小鳥とすずと/この道/
砂山/初恋/椰子の実/荒城の月/ビリーブ/千の風になって

<海外コンサート>
インドネシア/シンガポール/ノルウェー/フィンランド/タイ/バンコク

<CD>
「風がやってきた」「目には見えねども」「風のうたをききながら」
「いつも何度でも」「風ふく道で~光の声をききながら」

主な講演のテーマ

1. 歌は心のマッサージ(一般向け)
2. 若さあふれる諸君に大いなる祝福を(大学・高等学校向け)
3. 一人ひとりの人生には意味がある(青少年向け)
4. 生きるってすばらしい(幼児向け~青少年向け)
5. 小さな命によりそって みんな み~んな おともだち(幼児向け~青少年向け)
6. お前が生まれてきてくれて嬉しかった(幼児向け~青少年向け)

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top