川相 昌弘

かわい まさひろ
川相 昌弘

肩書き
野球解説者
評論家
出身・ゆかりの地
岡山県

この講師のここがおすすめ

送りバント通算533本の世界記録保持者であり「バントの神様」の異名を持つ、つなぐ野球の第一人者・川相昌弘さん。
講演では、チームづくりに欠かせない自分の役割や、努力を怠らない準備の大切さ、そしてそれらを通じていかに強いチーム、勝てるチームを作っていくかについてお話しいただけます。

プロフィール

岡山南高校では投手として活躍し、1981年と1982年の2回、甲子園に出場。1982年のドラフト会議で巨人に4位指名を受け入団。犠打数のギネス記録保持者であり、バントの技術はプロ野球史上最高峰のレベルである。巨人でのレギュラー時代は、2番打者として多くの犠打を記録し活躍した。打撃だけでなく、守備では遊撃手としてゴールデングラブ賞を6回受賞している。
2007年からは中日ドラゴンズ一軍内野守備・走塁コーチ、二軍監督を務めた。2011年からは巨人で二軍監督を務め、その後一軍ヘッドコーチ、三軍監督と多くの選手の育成に携わった。2018年巨人を退団し、現在は野球解説者として野球の普及に携わる。

 講演実績 
麻生市民交流館/福井県「プロ野球選手から学ぶごはんの力」/ルートインBCリーグ/野球指導者講習会/行田東小学校/JRA中京競馬 他

主な講演のテーマ

1.バントの神様が語る~自分の役割
巨人入団当初、自分のことをなにも特徴がない選手と思っていた。そんな彼がショートでゴールデングラブを6度受賞、犠打世界記録を樹立するに至るまでのプロ野球人生を語る。
自分の役割を徹底し、チームを何度も優勝へ導いたバントの神様が役割の大切さを伝えます。

2.川相流~勝つチームづくり~
さまざまな名将のもとでプレーしてきた川相氏が、自ら監督となり勝つチームづくりを実践してきた。常勝巨人の二軍、三軍監督はさまざまな苦悩があったが、それを持ち前の分析力、実行力で乗り越えてきた。指導者川相氏が勝つチームづくりをお伝えします。

3.川相ノート~今明かされる努力の証~
川相氏には現役23年間の野球データを書き留めた2種類のノートが存在する。これは川相氏の宝物であり、なにより彼がどれだけ毎試合、1打席に対する準備を大切にしていたかが綴られている。バントの神様の裏側には絶え間ない努力と技術に対する向上心があった。今、語られる川相ノートの真実!

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
スポーツ

著作紹介

  • 『川相昌弘スモールベースボールを紐解く』

    出版社: ベースボールマガジン社
  • 『勝つための言葉』

    出版社: ロングセラーズ
  • 『明日への送りバント』

    出版社: ロングセラーズ

あなたにオススメの講師

Page Top