三浦 豪太

みうら ごうた
三浦 豪太

肩書き
プロスキーヤー/博士(医学)
出身・ゆかりの地
神奈川県

この講師のここがおすすめ

執筆活動やプロスキーヤーとして活躍するかたわら、2003年、父・三浦雄一郎さんとともに世界最高峰エベレスト山(8848m)登頂。初の日本人親子同時登頂記録を達成した三浦豪太さん。講演では「三浦家の元気の秘密」「冒険の遺伝子」など父と子の経験を基にお話して頂けます。

プロフィール

1969年、神奈川県鎌倉生まれ。
三浦ファミリーとしてアフリカ、キリマンジャロを最年少(11)登頂、また小学生時代にエルブルース(ロシア)、モンテローザ(スイス)などの海外遠征に同行する。
1991年よりフリースタイルスキー、モーグル競技へ転向、以来10年にわたり全日本タイトル獲得や国際大会で活躍。主な戦績として長野オリンピック13位、ワールドカップ5位入賞など日本モーグル界の牽引的存在となる。
2001年5月、米国ユタ大学スポーツ生理学部卒業後、㈱ミウラ・ドルフィンズにて冬季オリンピックやフリースタイルワールドカップ解説と企画、執筆活動やプロスキーヤーとして活躍する傍ら、2003年、父・三浦雄一郎とともに世界最高峰エベレスト山(8848登頂、初の日本人親子同時登頂記録を達成する。
2013年、父をサポートして2度目のエベレスト登頂。
2014年、ソチオリンピックにおいてフリースタイルスキー4種目解説を務める。
現在、ミウラ・ドルフィンズ低酸素・高酸素室のトレーニングシステム開発研究所長、低酸素下においての遺伝子発現・抑制の研究(専攻・加齢制御学アンチエイジング)を行い、また子供から高齢者までの幅広い年齢層やアスリート向けのトレーニング及びアウトドアプログラムを国内外で数多く手がけている。

<略歴>
1981年   アフリカ、キリマンジャロ( 5895 m)を最年少( 11 歳)で登頂
1983 年   アメリカ留学
1988年   ユタ州ローランドホール学院を卒業、同年ユタ大学入学
1991年   全日本フリースタイル・チームに選ばれる
1994年   リレハメル冬季オリンピック(ノルウェー)出場、 27 位
1995年   フランス、ラクルーザ世界選手権 14 位
1996年   ワールドカップ 総合 17 位
1998年   長野冬季オリンピック 13 位、同年ブラッコムワールドカップ 5 位
2000年   ワールドカップ長野斑尾大会解説
2001年   ワールドカップ福島大会、長野飯綱大会解説
2001年   ユタ大学スポーツ生理学部卒業
2001年   ㈱ミウラ・ドルフィンズ 入社
2001年   ヒマ ラヤ 、 アイランドピーク(6、152m)登頂
2002年   ヒマラヤ、 チョオユー(8、201m)登頂
2003年   世界最高 峰 エベレスト(8,848m)登頂初の日本人親子同時登頂記録達成
2006年   シシャパンマ ( 登頂成功)
2008年   エベレスト(8,848m)遠征。 8200m 地点に到達後、高所脳浮腫を発症して奇跡的に生還する。
2012年   順天堂大学大学院医学部 博士課程 修了 (加齢制御 医 学講座)
2013年 5 月 23 日、 2 度目のエベレスト登頂を果たす。
2014年   ソチオリンピック・フリ ースタ イルスキー 4 種目 NHK 国際映像 解説
2017年 6 月 26 日北米大陸最高峰デナリ( 6,190m )登頂
2018年   平昌オリンピック・フリースタイルスキー 4 種目のテレビ解説
2019年   南米大陸 最高峰 アコンカグア( 696 1 m) 登頂

<主な役職>
博士(医学)(順天堂大学 大学院医学部・加齢制御医学講座)、同大学 非常勤助教授
(社)アンチエイジングリーダー養成機構・専務理事
NPO法人ナスターレース協会・理事長
国連WFP協会・顧問
慶応義塾大学特任准教授(大学院政策・メディア研究科)

<主な受賞>
北海道教育委員会スポーツ賞
米国・ローランドホール学院ヘッドマスター(最優秀成績) 他

主な講演のテーマ

1. 80歳エベレスト登頂とその秘密
三浦雄一郎が3回に渡り行ったエベレスト遠征。その医学的サポートとパートナーとしてエベレストに登頂した三浦豪太自身が三浦雄一郎氏の肉体の秘密と夢について話す。

2. オリンピックからエベレストへ
自身の成功、失敗談を交えて経験を通じてスポーツと登山の相違点を語り、スポーツや冒険を目指す子供達や大人に目標と夢の大切さを話す。

3. 三浦家の元気の秘密
三浦敬三99歳バレーブランシュ滑走。三浦雄一郎80歳エベレスト登頂成功。
自身は2度の五輪を経て現在、アンチエイジング医学研究、登山、スキーに邁進している。こうした三浦家の元気の秘密を科学的、哲学的に説明する。

4. 冒険の遺伝子
自身の研究課題であるアンチエイジングと人類が歩んだ道のりの関係性、そして人類が本来持っている「冒険への渇望」について話す。

5. 冒険と環境
三浦豪太がこれまで行った冒険の中、様々な環境の変化を実体験として感じている。
エベレスト、キリマンジャロの氷河の後退。そして環境問題にまつわる問題点等を話す。

カテゴリー

ビジネス
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

著作紹介

  • 『「超寿」の道も一歩から』

    出版社: JAF出版社
  • 『父の大きな背中―三浦雄一郎と僕の冒険物語』

    出版社: 実業之日本社
  • 『ワオ!体操で100歳まで元気に歩ける!』

    出版社: 学研パブリッシング

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top