秋山 エリカ

あきやま えりか
秋山 エリカ

肩書き
東京女子体育大学 教授
日本新体操連盟 理事
出身・ゆかりの地
福岡県

この講師のここがおすすめ

選手としても、指導者としてもオリンピックを経験している秋山エリカさん。
後進育成に力を注ぐ傍ら、かつての新体操選手時代の経験と、現在の指導者としての実践に裏打ちされた、さまざまな分野での効果的な健康法を伝えています。
また、「うんどうオンチ」だった幼少期のエピソードや、オリンピックまでの道のりなど新体操から学んだこともお話いただけます。

プロフィール

幼少の頃からバレエに親しみ、中村学園高校時代に器械体操から新体操に転向した。東京女子体育大学時代に頭角を現し、1984年ロサンゼルス五輪、1988年ソウル五輪と連続で代表に選ばれる。

国内では最高峰の全日本選手権を1984年から6連覇するなど、第一人者として一時代を築く。
現在は、講演・講師・メディア・東京女子体育大学教授として活躍する傍ら海外でのコーチ研修を経て後進育成に力を注ぐ。指導する東京女子体育大学の新体操競技部は全日本学生新体操選手権大会において団体65連勝を達成(2014目)した。

 競技実績 
1984年    ロサンゼルス五輪 新体操代表
1988年    ソウル五輪 新体操代表
2000年    シドニー五輪 日本選手団新体操個人コーチ
2004年    アテネ五輪 日本選手団新体操個人コーチ

 委員会・協議職 
日本体操協会 リオデジャネイロ・オリンピック対策強化本部

 主な著書 
どうだっけ?(文芸社)
実はスゴイ!大人のラジオ体操(監修)(講談社)※2013年度ベストセラー
親と子の新体操あそび(国立印刷局)

主な講演のテーマ

1. 正しい 姿勢で 寿命が変わる
健康管理というと、何もかもきちんと生活しなければというプレッシャーを感じる方もいると思いますが、簡単にできて見落としがちなのが「姿勢や呼吸」です。姿勢が悪いと内臓を圧迫しますし、人間は骨の上に骨で立っているので、正しく骨を立てることが大事です。
積み木は、歪めたまま高く積み上げると崩れてしまいます。
人間も同じで、姿勢が悪いとそれを支えている筋肉や腰・膝などの関節にも痛みが生じますが、正しく立っていると、どこにも負荷がかかりません。そういった何気ない部分を具体的に体操を通じてお伝えします。ベストセラーになった「実はスゴイ!大人のラジオ体操」(講談社)の監修もつとめる講師がわかりやすい講座指導を行います。

2. うんどうオンチのオリンピック
病気がちで、運動が大の苦手だった幼い頃のお話や、小学校の時に足を骨折したことがきっかっけでそのリハビリで始めたクラシックバレエが新体操でオリンピックに出る時に役立ったことなど、秋山さんの経験をお話いただきます。

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

著作紹介

  • 『実はスゴイ! 大人のラジオ体操 』

    出版社: 講談社
  • 『どうだっけ?』

    出版社: 文芸社

あなたにオススメの講師

Page Top