宮崎 哲弥

みやざき てつや
宮崎 哲弥

肩書き
評論家
出身・ゆかりの地
福岡県

この講師のここがおすすめ

テレビや雑誌で大活躍の評論家・宮崎哲弥さんは、政治・経済をはじめ、仏教論など幅広いテーマを持っています。
政治・経済関連では、日本の未来・経済の動向をわかりやすい切り口で、マスメディアよりさらに掘り下げて解説。また、仏教関連では、今の日本社会のさまざまな問題に仏教がどうかかわるのか、かかわるべきなのか等について語っていただきます。

プロフィール

1962年福岡県生まれ。
慶応義塾大学文学部社会学科卒業。政治哲学、宗教論、サブカルチャー分析を主軸とした評論活動をテレビ、新聞、雑誌などで行う。

<主なメディア出演>
日本テレビ系『スッキリ!!』
テレビ東京系『ありえへん∞世界』
関西テレビ『みんなのニュース 報道ランナー』
ABC朝日放送『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』
NHKBSプレミアム『英雄たちの選択』
ニッポン放送『ザ・ボイス そこまで言うか!』

<主な連載>
文藝春秋社『週刊文春』「宮崎哲弥の時々砲弾」
小学館『SAPIO』「宮崎哲弥の食漫全席」

<主な著書>
『知的唯仏論』(呉智英氏との共著、新潮文庫)
『さみしさサヨナラ会議』(小池 龍之介氏との共著、角川文庫)
『宮崎哲弥 仏教教理問答』(サンガ文庫)
『日本のもと 憲法』(監修、講談社)

主な講演のテーマ

<政治経済関連> 
・どうなる日本!?日本の未来を語る
・今後の日本経済の行方

<仏教関連>
・日本仏教の未来
・仏教を必要とする現代

カテゴリー

政治・経済
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『知的唯仏論: マンガから知の最前線まで-ブッダの思想を現代に問う 』

    出版社: 新潮社
  • 『さみしさサヨナラ会議』

    出版社: KADOKAWA / 角川書店
  • 『宮崎哲弥 仏教教理問答』

    出版社: サンガ

あなたにオススメの講師

Page Top