藤井 聡

ふじい さとし
藤井 聡

肩書き
京都大学大学院工学研究科教授
京都大学レジリエンス研究ユニット長
現安倍内閣内閣官房参与(防災減災ニューディール担当)
出身・ゆかりの地
京都府

この講師のここがおすすめ

『超インフラ論』『凡庸とういう悪魔』『大阪都構想が日本を破壊する』等著書多数出版され、朝日放送「正義のミカタ」や関西テレビ「ニュースライブワンダー」等で解説者としてレギュラー出演されている藤井聡氏。講演ではさらに掘り下げて現代日本の問題に迫ります。

>藤井 聡さん講演レポートはこちら

プロフィール

1968年生まれ。京都大学卒業後、同大学助教授、東京工業大学教授等を経て現職。
専門は都市計画、国土計画、経済政策等の公共政策論および実践的人文社会科学研究。
朝日放送「正義のミカタ」「おはようコールABC」、関西テレビ「ニュースライブワンダー」等に解説者として出演中。

 主な著書 
強靭化の思想―「強い国日本」を目指して(扶桑社)
クルマを捨ててこそ地方は甦る (PHP研究所)
プライマリー・バランス亡国論(扶桑社)
国民所得を80万円増やす経済政策──アベノミクスに対する5つの提案(晶文社)
超インフラ論(PHP研究所)
凡庸という悪魔(晶文社)
大阪都構想が日本を破壊する(文春新書) 他多数

主な講演のテーマ

『超インフラ論~公共事業が日本を救う~』

カテゴリー

企業向け
福祉・高齢・介護・医療
環境・防犯・防災・消費生活
政治・経済

著作紹介

  • 『超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想 』

    出版社: PHP研究所
  • 『国民所得を80万円増やす経済政策──アベノミクスに対する5つの提案』

    出版社: 晶文社
  • 『「スーパー新幹線」が日本を救う』

    出版社: 文藝春秋

あなたにオススメの講師

Page Top