進藤 勇治

しんどう ゆうじ
進藤 勇治

肩書き
科学評論家
元東京大学特任教授
元通産省企画官
工学博士科学評論家
出身・ゆかりの地
愛媛県

この講師のここがおすすめ

科学評論家の進藤勇治さんは、エネルギー・環境問題、放射線問題の他、工業技術・経済問題について、最新の専門情報を提供しつつ、社会の動向と産業界の課題などを、丁寧でわかりやすい解説を行い、好評を得る。テレビの報道・ニュース番組の解説等も行う。

プロフィール

1951年 愛媛県生まれ
1974年 東京大学工学部卒業
1976年 東京大学工学系大学院修士課程修了、通商産業省 工業技術院 入省
1984年 工学博士(東京大学)
1986年 米国マサチューセッツ工科大学国費留学
1995年 通産省 工業技術院 国際研究協力企画官
1996年 通商産業省 退官、会社技術顧問等
2008年 東京大学特任教授
2010年 進藤技術事務所所長、現在にいたる

<主な著書>
「新エネルギーシステム」「地球温暖化を防ぐ」「地球温暖化問題ハンドブック」
「地球環境工学ハンドブック」「クリーンエネルギーのフロンティア」「大氷河時代」、他多数。

主な講演のテーマ

1. エネルギー・環境問題と日本経済の展望
2. 再生可能エネルギーの特徴と展望
3. 原子力と放射線
4. 「放射線と環境問題」、「放射線から身を護る方法」
5. TPPの課題と影響
6. 資源リサイクルと廃棄物処理
7. 私たちにできる環境保全
8. 技術の視点からの社員の総合力アップ研修
9. 資格を取って不況や就職難に打ち勝とう

カテゴリー

企業向け
環境・防犯・防災・消費生活
政治・経済

あなたにオススメの講師

Page Top