柳原 志保

やなぎはら しほ
柳原 志保

肩書き
歌うママ防災士
出身・ゆかりの地
宮城県

この講師のここがおすすめ

東日本大震災と熊本地震で被災した実体験から伝える防災&忘災

①「これならわたしもできる」と行動したくなる内容
暮らし目線なので、誰もが自分事に思えます。
主催者のニーズや参加者の年代や立場に合わせた話し方や内容で興味をひきつけます。また、絵や文字が大きいスライドや動画を使うので、見やすくわかりやすいと好評です!

②心に響く歌声♫参加者といっしょに「花は咲く」の大合唱で記憶に残る
東日本大震災と熊本地震のオリジナル映像カラオケをつくっています。歌詞はひらがななので、子どもでもいっしょに歌えます♪

③体験型でねむくならない
新聞スリッパづくり、キッチンペーパーマスクなどの簡単なものづくり体験を必ず講演にいれています。
また、災害シュミレーションゲーム「クロスロード」で考えたり、ミニワークショップで交流したり、地震の揺れを椅子に座って体験してもらうなど、あきさせない・眠くならない時間をつくります。

プロフィール

1972年10月   宮城県多賀城市生まれ。宮城学院女子大学卒業。
                    沖縄アクターズ芸能スクールやビジネスホテル東横イン支配人等の職歴を持つ。
2011年3月     宮城県多賀城市にて東日本大震災を経験し自宅が大規模半壊。2週間避難所生活を送る。
2012年4月     熊本県和水町へ移住し総務省が薦める和水町地域おこし協力隊として3年間活動。
2014年9月     防災士の資格を取得し、男女共同参画視点での防災啓発活動を行う。
2016年4月     熊本地震を経験。

2度の大災害の経験をもとに、自分事にさせる伝え方と対象によって内容を変える「オーダーメイド防災」はわかりやすいと口コミで拡がり、幅広い世代から支持を得て年間約100本の講演依頼がくるようになる。現在、全国各地で参加者3万人以上、講演回数400回以上に。
また、「防災×婚活」などユニークな発想のイベントも企画。 講演の最後に復興ソング「花は咲く」を歌うことから『歌うママ防災士』のキャッチコピーで活動。
高校 1 年男子(宮城県在住)と防災士(熊本県最年少)の中学 2 年男子がいるシングルマザーである。

 役職 
熊本県男女共同参画アドバイザー
社会福祉法人 熊本県ひとり親家庭福祉協議会会理事

 資格 
防災士・栄養士・MFA チャイルドケアプラス・メンタルコーチ&心理セラピスト1級

 受賞・パネリスト歴 
2015年9月     国際ソロプチミストアメリカ「夢を生きる賞」 受賞
2016年11月   アサヒビール presents「九州情熱人」2016 熊本No1に選ばれる(RKK ラジオ投票)
2016年12月   徳島県主催「昭和南海地震70年の集い」パネリスト(徳島県知事、野口健氏らと同席)
2017年2月     朝日新聞社・東北大・ひょうご震災記念21世紀研究機構主催
                   「21世紀文明シンポ ジウム」 パネリスト(熊本県知事、御厨貴氏らと同席)
2018年2月     国土交通省九州地方整備局主催「防災・減災シンポジウム」パネリスト
2019年3月     福岡県地域防災シンポジウム パネリスト

 主なメディア出演 
NHK「くう・ねる・あそぶ×ウワサの保護者会」「助けて!きわめびと」「いつか来る日のために」
NHK熊本「テレメッセくまもと」防災シリーズ 熊本県民テレビ「てれビタ」コメンテーター 他多数

主な講演のテーマ

防災・安全
1. いつかでなく、今やろう
2. 今すぐできる防災術
3. 親子でできるかんたん防災
4. くらし目線の防災術
5. 子どもを守る防災術

男女共同参画×防災
1. 誰でもできる防災
2. 女性・ママ目線での防災

人権×防災
1. みんなに優しい防災

健康づくり×防災
1. 心を備える防災
2. 元気防災

地域づくり×防災
1. 地域でできる防災
2. 災害対応カードゲーム「クロスロード」→クロスロードとは

食育や栄養×防災
1. 生きる力を養おう

カセットコンロを使った親子でできるごはんづくりなど
東日本大震災と熊本地震の2度の大災害の経験に基づいた、母親ならではの誰でもできる暮らし目線での「忘災」や「備え」を提案。特に避難所生活での困り事の実体験話と教訓はひとりひとりが「いつか」でなく「今やろう」と自分事に思える内容になっている。
眠くならない、専門用語を使わない、聞きやすい、ことや最後に歌う「花は咲く」の歌声が心に響くことから一度聞いたら誰かに伝えたくなります(種まき)。

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
環境・防犯・防災・消費生活

聴講者の声

  • 眠気が一気に冷めました!最後の歌と映像では胸がいっぱいで涙が。帰ったら今日、子どもと話合います
  • 待っているだけではダメだと思いました。わたしにもできることがあるんですね
  • 何かあったらお母さんや先生が助けてくれると思ってたけど、自分のことは自分でしなきゃと思った
  • たくさん防災の話はきいたけど、体験者がいうと説得力が違う
  • 自分は助ける側になれるんだって気づかされました
  • 目からウロコの話がいっぱいでした。防災はお父さん任せでしたが、主婦の知恵を出していきます
  • こんなに優しく語りながらも強い想いのこもった防災の話を聞いたのは初めて。親としてすごく共感できた
  • 保育園の授業参観ついでだったので途中で帰るつもりでしたが、話が面白くて帰るのがもったいなくなりました。こなかったママ友に絶対伝えます

あなたにオススメの講師

Page Top