尾下 義男

おした よしお
尾下 義男

肩書き
危機管理アドバイザー
出身・ゆかりの地
岡山県

この講師のここがおすすめ

危機管理アドバイザーとして各地で講演活動をする尾下義男さんは、防災・減災対策・危機管理・メンタルケア・災害ストレス対策を専門とされており、「災害から命を守る法則」「消防職員の心の危機管理」「災害ストレスマネジメント」など著書を発行されています。

プロフィール

1977年4月消防庁入庁
2002年3月同庁退職
2002年4月立教大学大学院21世紀社会デザイン科入学
2004年3月同大学院修了
2004年4月~現在大学・専門学校・自治体・防災関係等で講義・講演中

<専門分野>
防災・減災対策・危機管理・メンタルケア・災害ストレス対策

「災害大国の防災・減災対策とは?」
今後必ず起こる大害に、私たち国民は何にどう備えればよいのでしょうか。

防災・減災対策(Disaster Reduction、Disaster Mitigation)は、ハード面 と、ソフト面のレジリエンス(resilience=復元力、回復力)が必要です。
従来型の「三助の法則:自助7:共助2:公助1」は、「自助」の無策、「共助」 の自己満足、「公助」の言訳と言わざるを得ません。
将来必ず起きる大災害 には「三減の法則」が大切です。「自助」と「共助」の近隣共助体制の定着が緊急時の最大の効果を発揮し、「公助」が「大きめに構える」て、地域の危機 管理体制を補完(住民の安全)できるのです。

減災対策は、①災害を知る②災害に備える③安全確保(危機回避)できること。
それには、個人・家庭・地域・学校・企業・自治体・政府(国)が自らの役割 を確実に確保し、継続向上「PDCAサイクル:計画・実行(訓練)・確認 (評価)・修正(改善)」を図ることです。「正しく恐れる」という言葉は、「靴を測って足を削る」から、「悲観的に準備(想定外を想定できる能力=危 機回避能力)」し、楽観的に実施(普段の対応能力=自らの判断力と行動力)」 することです。

次の3点が重要です。
〇平時から先取的・計画的・持続的に真摯に取り組むこと。
〇目標の定量化と、実現方策を具体化して実行管理(危機管理)すること。
〇減災ビジョンは、「尊厳の生を守る」を体系的・総合的に実施すること。

机上の防災・減災空理論は役立ちません。国民の目線に軸足を置き、東日本大 震災の教訓(過去の体験をどう生かすか)と最新の知見等を踏まえて、防災リ テラシー(災害から生命・財産を護る対策)を具体的(見える化)に実行する ことが減災社会の構築(build a society mitigation)です。「不意の地震 に不断の用意」という関東大震災の標語は、地震から90年経つ今も色あせて いません。つまり「しっかり怖がる」が我が身を助ける方法です。 過去の経験知に止まらず、最悪の事態を想定する危機感覚(Sense of emergency)を高めることです。「尊厳ある生を守る」には、防災教育(共育) つまり、「互教互学」の精神で後世にしっかりと受け継いで行くことが我々に 与えられた使命なのです。現場感「三現主義(現状:現地:現人)」を モットーに、日々研鑽を重ねより一層鋭意努めています。

>>尾下義男氏 被災地レポート はこちら

<主な著書>
「震災と心の復興」「消防職員の心の危機管理」「災害ストレスマネジメント」
「災害から命を守る法則」「思いやりの法則」「精神対話士という生き方」
「あの日の私 東日本大震災99人の声」「コンビナート災害と災害ストレス対策の考察」
その他大学院・専門誌投稿

主な講演のテーマ

1. 災害ストレスと心のケア
2. 我が家・我が職場・我が町の防災対策
3. 危機管理対策(学校・企業・会社・公共団体・地域)
4. メンタルケア(思いやりの法則)

カテゴリー

企業向け
健康・食育・美容・メンタル
環境・防犯・防災・消費生活
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『震災と心の復興』

    出版社: 風詠社
  • 『災害から命を守る法則』

    出版社: Hon’sペンギン
  • 『思いやりの法則―あなたが生きていることの意義 』

    出版社: ブイツーソリューション

あなたにオススメの講師

Page Top