安田 菜津紀

やすだ なつき
安田 菜津紀

肩書き
フォトジャーナリスト
出身・ゆかりの地
神奈川県

この講師のここがおすすめ

16歳のときに「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材した安田菜津紀さんは、現在もカンボジアを中心に、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で貧困や災害の取材、被災地を記録し続けている。

プロフィール

1987年 神奈川県生まれ。上智大学卒。
studio AFTERMODE所属フォトジャーナリスト。
16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。
カンボジアを中心に、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で貧困や災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。
2012年、「HIVと共に生まれる -ウガンダのエイズ孤児たち-」で第8回名取洋之助写真賞受賞。

<講演実績>
小学校、中学校、高校、企業、自治体、NPO・NGO、
学生団体の皆様にお声かけ頂き、各地で講演活動を行っている。

<資格>
小型船舶操縦士1級(被災地での海上取材に伴い)、日本防災士機構認定「防災士」

<主なメディア出演>
TBS「情熱大陸」、NHK「一期一会」
NHK・BS1スペシャル「なぜ格差はなくならない?~世界の貧困の現場から~」 ほか多数。

主な講演のテーマ

1.写真で伝える世界、東北の今
2.写真の力 ~東北、中東から~

「貧困問題」「難民問題」「HIV問題」「震災」についてこれまでに取材で訪れた国々の今を語ります。
・カンボジア(人身売買・HIV感染者の村)
・フィリピン(路上生活の子どもたち・マパニケ村)
・シリア・ヨルダン(イラク避難民)
・ウガンダ(エイズ孤児)
・貧困問題(ホームレスW杯・若者ホームレス)
・岩手県・陸前高田市
・パラリンピック
・シリア難民キャンプ

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
環境・防犯・防災・消費生活
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『君とまた、あの場所へ: シリア難民の明日』

    出版社: 新潮社
  • 『それでも、海へ 陸前高田に生きる』

    出版社: ポプラ社
  • 『ファインダー越しの3.11』

    出版社: 原書房

あなたにオススメの講師

Page Top