安田 菜津紀

やすだ なつき
安田 菜津紀

肩書き
フォトジャーナリスト
出身・ゆかりの地
神奈川県

この講師のここがおすすめ

TBSテレビ「サンデーモーング」コメンテーターとして出演中の安田菜津紀さんは、16歳のときに「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。
現在は、カンボジアを中心に取材で訪れた国々の「貧困問題」「難民問題」「HIV問題」「震災」について語ります。

>講演レポートはこちら

プロフィール

1987年神奈川県生まれ。認定NPO法人Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル/D4P)フォトジャーナリスト。同団体の副代表。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。著書に『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』(日本写真企画)、他。上智大学卒。現在、TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。

 主な著書 
写真絵本
それでも、海へ陸前高田に生きる(ポプラ社)

著書
故郷の味は海をこえて「難民」として日本に生きる(ポプラ社)
写真で伝える仕事世界の子どもたちと向き合って-(日本写真企画)
君とまた、あの場所へシリア難民の明日(新潮社)

共著
ファインダー越しの 3.11(原書房)

主な講演のテーマ

1. 写真で伝える世界、東北の“今”
2. 紛争地、被災地に生きる子どもたち ~取材から見えてきたこと~

・カンボジア(人身売買・HIV感染者の村)
・フィリピン(路上生活の子どもたち・マパニケ村)
・シリア・ヨルダン(イラク避難民)
・ウガンダ(エイズ孤児)
・貧困問題(ホームレスW杯・若者ホームレス)
・岩手県・陸前高田市
・パラリンピック
・シリア難民キャンプ

※オンライン講演会も対応可能です。

カテゴリー

人権啓発
教育・学校・PTA
環境・防犯・防災・消費生活
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『写真で伝える仕事 -世界の子どもたちと向き合って-』

    出版社: 日本写真企画
  • 『君とまた、あの場所へ: シリア難民の明日』

    出版社: 新潮社
  • 『ファインダー越しの3.11』

    出版社: ポプラ社

講師紹介動画

聴講者の声

  • 安田さんの講演感動しました。無関心は罪だと思いました。私もジャーナリストとして広く伝えていただきたいです。
  • 安田さんのお話が素晴らしかったです。平和日本の暮らしをありがたく感じました。
  • 「サンデーモーニング」で安田さんを知り、いつも話して下さることの視点にたいへん心を動かされます。今回のお話もとても、しっかり私の心に入りました。
  • 写真を使ってのお話が、とても良く伝わりました。
  • 出会いをこえる力はないこと、それぞれに必ず役割があること…どのお話も響いてきました。想像力を広げること、我が事として考え、取りくんでいただきたいです。

あなたにオススメの講師

Page Top