大谷 昭宏

おおたに あきひろ
大谷 昭宏

肩書き
ジャーナリスト
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

「スーパーチャンネル」や「ひるおび」等にコメンテーターとしてレギュラー出演されているジャーナリスト大谷昭宏氏。都合の悪い情報を隠す体質を見破り、事件報道の奥にある真実を引っ張り出し、権力にダマされないためのニュース読解術など、社会を分析している。

プロフィール

1945年 東京生まれ
1968年 早稲田大学政経学部卒 読売新聞大阪本社入社、徳島支局勤務
1970年 大阪本社社会部勤務、警察担当
1972年 大阪府警捜査一課担当
1980年 朝刊社会面コラム『窓』欄担当 以後7年間にわたって『窓』欄を担当
1987年 読売新聞社を退社後、大阪に事務所を設けてジャーナリズム活動を展開している

<主なメディア出演>
テレビ朝日「サンデープロジェクト」「スーパーJチャンネル」
「やじうまプラス」「スーパーモーニング」
TBS「ピンポン!」
朝日放送「ムーブ!」
東海テレビ「スーパーサタデー」
東海ラジオ「モーニングあいランド」

<主な著書>
「法か、掟か」「監視カメラは何を見ているのか」「警察幹部を逮捕せよ!?泥沼の裏金作り」
「権力犯罪」「殺人率?日本人は殺人ができない!?」「死体は語る 現場は語る」「日本警察の正体」
「グリコ・森永事件~最重要参考人M」「事件記者」「事件記者2」「事件記者3」「ささやかな少数意見」
「サラリーマンの忘れ物」「開け心が窓ならば」「新聞記者が危ない」「警察が危ない」

主な講演のテーマ

『みんなの命輝くために』

カテゴリー

官公庁向け
政治・経済

著作紹介

  • 『警察幹部を逮捕せよ!―泥沼の裏金作り』

    出版社: 旬報社
  • 『事件記者という生き方』

    出版社: 平凡社
  • 『新聞記者が危ない』

    出版社: 朝日ソノラマ

あなたにオススメの講師

Page Top