上原 よう子

うえはら ようこ
上原 よう子

肩書き
NPO法人虐待問題研究所代表
虐待防止活動家
出身・ゆかりの地
京都府

この講師のここがおすすめ

虐待防止家として活動を続ける上原よう子さんは、0歳~17歳まで実父・養父から虐待を受け続け、命の危険を感じ逃亡。その経験から、「虐待から学んだ、幸せの扉を開ける鍵」などの講演活動を通して、増え続ける虐待から命を守るためにすべきことを訴え続ける。

プロフィール

1982年生まれ 京都府京丹後市出身。
生後から3歳まで実父に虐待され、3歳から17歳まで母の再婚相手の養父に虐待され、中学は自宅監禁されて登校させてもらえず、15歳で縫製工場へ就職するも賃金は全て義理の父親に没収されてパチンコ代に消える。
17歳で京都府京丹後市からエスカレートする虐待から非難するため大阪へ逃亡。
翌年18歳で結婚し、その後3児をもうける。現在、夫、子ども3人の5人家族で、同じ虐待で苦しむ境遇の人達をサポートし、虐待防止活動を拡げるNPOを立ち上げ活動中。

<DVD>
「虐待防止メッセージ DVD-幸せの扉を開く七つの鍵」(2012 ありがとう出版)

主な講演のテーマ

1. 虐待から学んだ幸せになる7つの鍵
2. 被虐待から考える子どもたちの守り方
3. 17年間の虐待と子どものこころをのばす方法

カテゴリー

官公庁向け

著作紹介

  • 『虐待生活―私が自由を手に入れるまで』

    出版社: 文芸社

聴講者の声

  • 今までTVのニュースでしかみた事ありませんでした。虐待された方の実際の生の声をきき虐待の深刻さ自分にできる事、近所の方の声かけなどをしようと思いました。
  • 自分も虐待経験があります。心が楽になれました。
  • 子育てで悩んでいたので大変参考になりました。
  • 上原さん 生きていてくれて本当にありがとう。
  • 『虐待した親を許す事ができた』この言葉に感動しました。
  • 自殺しようと思っていましたが生きてみようと思えました。

あなたにオススメの講師

Page Top