安孫子 薫

あびこ かおる
安孫子 薫

肩書き
株式会社チャックスファミリー代表取締役
出身・ゆかりの地
山形県

この講師のここがおすすめ

「ディズニーの魔法のおそうじ」の著者我孫子薫さんは、東京ディズニーランドの清掃部門部長などを担当され、世界一安全で清潔な場所を提供することに心血を注がれた。それは、企業経営(ES/CS)の話の枠を超え、「子どもがやる気になる育て方」にまで及ぶ。

プロフィール

1982年、株式会社オリエンタルランドに入社。
「美観の追求」「ゴミ減量化」「安全確保」「アトラクション運営」「ゲストサービス」「広告戦略」など、すべてのパーク運営課題に取り組み、改善改革を実行し、常に現場で指揮を執ってきた。
2007年には1年間キッザニア東京副総支配人として、運営全般の基盤整備と従業員指導をおこない施設の基礎を築く。
現在は株式会社チャックスファミリーを設立し、「クレンリネスはホスピタリティの原点」を掲げ、各種企業、商業施設、飲食、清掃関連企業、テーマパーク、レジャー施設などのコンサルティングを行っている。
講演ではディズニーでの経験を基に、お掃除と片づけ、CS/ES向上、人材育成、現場力向上、現場マネジメント、ブランディング、 子育てなどをテーマにしている。

<過去の肩書き>
元東京ディズニーリゾート
ゼネラルサービス部長/カストーディアル部長/ディズニーランド運営部長/
ディズニーシー運営部長/ディズニーリゾート運営部長
元キッザニア東京副総支配人

<主な著書>
『ディズニーの片づけ』
『「お客様の幸せ」のためにディズニーはまず「おそうじ」を考えた』
『ディズニーの魔法のおそうじ』
『ディズニーとキッザニアに学ぶ、子どもがやる気になる育て方』

主な講演のテーマ

1. ディズニー 感動のホスピタリティ~何度でも行きたくなるパークの考え方と仕組み
ディズニーのホスピタリティはゲスト(お客様)の満足を超えた驚きや感動を提供することで幸福感を提供することだ。開業時からパーク運営を担ってきた安孫子がリピート率No.1のテーマパーク「東京ディズニーリゾート」の考え方や仕組みを話します。

2. 東京ディズニーリゾートの掃除と片づけ
1983年 東京ディズニーランド開業当時からパーク運営に携わってきた安孫子。
いまの東京ディズニーリゾートがあるのは品質向上への試行錯誤があったからである。
品質向上の施策の一つとして、「ここまでやるか」を徹底した掃除がある。
「世界一安全で清潔な場所」をコンセプトにパーク運営を行っているカストーディアル部門の部門長として活躍した安孫子が、ディズニーリゾートの掃除と片づけの考え方やシステム、そして「おもてなし」について話します。
業績アップのヒントとして活用 してください。

3. ディズニー流 スタッフのモチベーションを上げる仕組み
ディズニーにはキャスト(スタッフ)のモチベーションを向上し維持するためのESの仕組みと施策がある。CSを向上させるためには、まずESの向上が大切だ。運営現場において数多くのキャストをまとめ、指揮してきたディズニーリゾートでの経験談を交え、スタッフとのコミュニケーションの大切さ、現場マネジメントとしての行 動のあり方やディズニーのES/CS施策について話します。

4. 自ら考え行動するスタッフを育てる
組織力の向上は個々の力量を高め、個々が自立し自律的に行動することが重要だ。
ディズニーのキャストは、ほとんどがアルバイトにもかかわらず、自ら考え行動する習慣が身に付いている。自ら考え行動することが身についていれば、CS向上にとって有効であり、災害などの非常事態においても迅速な行動が可能になる。
運営現場のトップとしてディズニーリゾートで仕事をしてきた安孫子が、その秘密を解き明かす。

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA

著作紹介

  • 『ディズニーの片づけ』

    出版社: 中経出版
  • 『「お客様の幸せ」のためにディズニーはまず「おそうじ」を考えた』

    出版社: 小学館
  • 『ディズニーの魔法のおそうじ』

    出版社: 小学館

あなたにオススメの講師

Page Top