田島 征三

たしま せいぞう
田島 征三

肩書き
絵本作家
アーティスト
画家
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

「ふるやのもり」「ちからたろう」「はたけうた」などの作品でお馴染みの絵本作家・田島征三さん。デビューから57年を迎えた田島さんの講演では、時に冗談を交えながら、絵本作家としてのルーツや半生を振り返って頂きます。書籍としての絵本だけでなく、木の実や流木を交えた作品や、「空間絵本」などの試みを現在も行なっている田島さんの、「ものづくりとアート」にかける思いもお話して頂けます。

プロフィール

1940年 大阪生まれ、高知で幼少年期を過ごす。 1969年「ちからたろう」で第2回世界絵本原画展金のリンゴ賞、1973~2009年「とべバッタ」などで多く受賞、2009年第4回越後妻有アートトリエンナーレで廃校を丸ごと「空間絵本」にした『絵本と木の実の美術館』開設。2013年第2回瀬戸内国際芸術祭でハンセン病療養所のあった香川県大島に『青空水族館』と『森の小径』を制作中、2017年国際アンデルセン賞国内賞受賞。

 絵本作品 
「ちからたろう」「とべバッタ」「わっはっは」「くさむら」「わたしの森に」
「ぼく、おたまじゃくし?」「ぼくのこえがきこえますか」「だいふくもち」「かとりせんこう」

主な講演のテーマ

1. 絵本にかける思い
2. 未来の子どもたちのために残したい環境のこと
3. 絵本と自然

カテゴリー

教育・学校・PTA
環境・防犯・防災・消費生活
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『とべバッタ』

    出版社: 偕成社
  • 『わっはっは』

    出版社: 偕成社
  • 『ちからたろう 』

    出版社: ポプラ社

あなたにオススメの講師

Page Top