森永 卓郎

もりなが たくろう
森永 卓郎

肩書き
経済アナリスト/獨協大学経済学部教授
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

著書「年収300万円時代を生き抜く経済学」が話題となった経済アナリストの森永卓郎氏。テレビ・ラジオ・著作活動の他講演活動も行う。講演テーマは多数。「変化の時代の企業経営」「どきどきワクワクシンプル人生 男と女の経済学」「格差社会と生きること」など。

プロフィール

1957年生まれ、東京都出身。東京大学経済学部経済学科卒業。
日本専売公社、日本経済研究センター(出向)、経済企画庁総合計画局(出向)、三井情報開発株式会社総合研究所、株式会社UFJ総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)を経て、現在、経済アナリスト、獨協大学経済学部教授。
専門は労働経済学と計量経済学。そのほかに、金融、恋愛、オタク系グッズなど、多くの分野で論評を展開している。日本人のラテン化が年来の主張。

<主なメディア出演>
TBS「がっちりマンデー!!」、ytv「情報ライブ ミヤネ屋」、
ABC「キャスト」、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」、
ニッポン放送「あなたとハッピー」、NHK第1「ラジオあさいちばん・ビジネス展望」など

<主な著書>
『<非婚>のすすめ』、『バブルとデフレ』、『リストラと能力主義』、
『日本経済「暗黙」の共謀者』、『年収300万円時代を生き抜く経済学』、
『「家計破綻」に負けない経済学』、『「所得半減」経済学「昭和30年代」に学ぶしあわせ術』、
『誰がウソをついているのか』、『年収崩壊』、『しあわせの集め方 B級コレクションのススメ』、
『モテなくても人生は愉しい』、『こんなニッポンに誰がした』、『「価値組」社会 』、
『「民主党不況」を生き抜く経済学』、『ニュースのウラ読み経済学』、
『震災後を生き抜くマネーの鉄則』、『起死回生のマネー術』、
『庶民は知らないデフレの真実』、『モリタク流 アキバ経済学』、
『マニア力(まにありょく)』、『大貧民』など多数。

主な講演のテーマ

1. 年収300万円時代を生き抜く経済学
2. 変化の時代の企業経営
3. 中小企業の今後と日本経済
4. 激動の日本経済、これからどうなる?
5. 変化の時代の今 企業に求められているものは?
6. 日本人を幸せにする経済学
7. 21世紀のライフスタイルビジョン
8. 経済と戦争はつながっている~本当に幸せをもたらす社会とは
9. 日本を変えるイタリア型経営
10. 今何が起こっているのか?世界経済と日本経済
11. 国際経済情勢と 日本経済の行方
12. 誰がウソをついているのか?増税も改革も必要ない!
13. 自由と自己責任の経営とは何か
14. 日本経済に何が起こっているのか?
15. 今後の中小企業のあり方~激動する日本経済を読む
16. 男と女のあり方が変わる 経済も変わる
17. どうなる 今後の日本の経済
18. 男女共同参画について
19. 日本経済の長期展望
20. どきどきワクワクシンプル人生 男と女の経済学
21. 日本の未来を明るくするヒント
22. 暮らしとお金の話 進む格差社会を賢く生きる
23. モリタク流 経済ニュースのウラ読み術
24. モリタク流 女と男の経済学~格差社会・不況に負けない幸せな生き方
25. どうなる 私たちの暮らし
26. 構造改革と日本経済の行方
27. 日本を元気にするライフスタイル
28. 格差社会と生きること

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
環境・防犯・防災・消費生活
政治・経済
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『老後破産しないために、年金13万円時代でも暮らせるメタボ家計ダイエット』

    出版社: 扶桑社
  • 『雇用破壊 三本の毒矢は放たれた』

    出版社: KADOKAWA / 角川書店
  • 『お金が貯まる! 45の選択 お金で得する人、損する人の考え方』

    出版社: イースト・プレス

あなたにオススメの講師

該当なし

Page Top