坂東 眞理子

ばんどう まりこ
坂東 眞理子

肩書き
昭和女子大学 学長
出身・ゆかりの地
富山県

この講師のここがおすすめ

国政行政官として女性政策などに携わり多くの功績を残し、現在は、 昭和女子大学教授 の学長として活躍中の坂東眞理子さん。ワーキングマザーとして仕事、家庭・子育てを両立をし、広い視野で世の中を見て、支えてきた坂東さんの言葉に、気づきと学びをもらえるお話です。

プロフィール

富山県生まれ
1969年   東京大学卒業、総理府入省
              青少年対策本部、婦人問題担当室、老人対策室、内閣総理大臣官房参事官、
              統計局消費統計課長などを経て男女共同参画室長
1995年~1998年   埼玉県副知事
1998年~2000年   ブリスベン総領事
2001年~2003年   内閣府男女共同参画局長
2004年   昭和女子大学女性文化研究所長(2020年3月まで)
              昭和女子大学大学院教授、 現在に至る
2007年   昭和女子大学学長
2014年~   学校法人昭和女子大学 理事長 現在に至る
2016年~   昭和女子大学 総長 現在に至る

「女性の品格」「日本の女性政策」「日本人の美質」「ソーシャル・ウーマン」「女性の知性の磨き方」「女性リーダ4.0」「言い訳してる場合か!-脱・もう遅いかも症候群―」「70歳のたしなみ」など著書多数。

主な講演のテーマ

1. コロナ後の社会
今回のコロナウィルスにより、激変した社会をどのようにとらえ、生き抜いていくか。

2. 女性活躍、働き方
女性が社会で活躍するには、男性の意識改革が不可欠。ワークライフバランスなどもテーマにお話します。

3. 人生100年時代の生き方
平均寿命がのびたことによる、定年後の生き方、生きがい。また第二の人生の生き方、働き方などについて。

#コロナ

カテゴリー

人権・SDGs
ビジネス
福祉・高齢・介護・医療
政治・経済
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『仕事も人間関係もうまくいく 美しい気づかい』

    出版社: 星雲社
  • 『「自分」を生きる ~上手に生きるより潔く~』

    出版社: あさ出版
  • 『70代からの「女の輝き」「男の品格」』

    出版社: 宝島社

あなたにオススメの講師

Page Top