森脇 浩司

もりわき ひろし
森脇 浩司

肩書き
野球指導者・野球評論家
元プロ野球選手
中日ドラゴンズ内野守備走塁コーチ
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

野球指導者として高い評価を受ける森脇浩司さん。数多くの選手を育成・選手からの信頼を勝ち得たコーチングの秘訣は、「結果を残すための人材育成論」「情熱的に物事に取り組む姿勢のあり方」など一般社会にも通じる方法論が満載です。

プロフィール

1960年生まれ、兵庫県出身。
兵庫県立社高校から1978年のドラフト2位で近鉄バファローズに入団。
1984年に加藤英司・大原徹也との22の交換トレードで福井保夫とともに広島東洋カープに移籍。
その後、1987年シーズン途中に永田利則とともに西山秀二(+金銭)との交換トレードで南海ホークスに移籍。当時、南海の遊撃手のポジションでは小川史、中尾明生、湯上谷宏、坂口千仙など何人もの似たタイプの選手がレギュラー争いをしており、遊撃・二塁に加えて香川伸行のコンバートが芳しくなかった三塁を守るなど、安定した守備力でユーティリティプレイヤーとして活躍した。
1990年頃から藤本博史・湯上谷・小川との4人(4人とも名前読みが『ひろし』)で内野を守ることが度々あった。
1994年に松永浩美の入団で出場機会が減り、1996年限りで現役を引退した。引退後はホークスのコーチを務めたが、ノックの技術は人一倍定評がありテレビ番組でも取り上げられるほどであった。
2006年のシーズン開幕前に王貞治監督がWBC代表監督としてチームを離れていた間、監督代行としてオープン戦の指揮を執り、76日からは王監督の胃癌手術に伴う休養のため、その年のホークス監督代行を務めた。
2011年はジャイアンツ、2012年はバファローズでコーチを務め、シーズン終盤には岡田彰布の休養に伴い監督代行を兼務した。
2013年からは正式にバファローズの監督に就任し、2014年にチームをAクラスへ導くも、2015年は選手の度重なる怪我にも悩まされ、成績不振の責任を取り退任した。退任後はオリックスのシニアアドバイザーへ就任する傍ら、野球評論家としても活動を行っている。
現役時は、広島時代のチームメイトであった津田恒実と無二の親友であり、津田が脳腫瘍を患って広島を解雇された際には病床の津田を励ますために〝もし、もう一度野球をやれるようになったら会社(ダイエー)に頼んでやる〟と伝え、球団にも相談をしていた。
こういった森脇の行動や言動は選手やファンからの人望を集めている。

<球歴>
■選手
兵庫県立社高等学校
近鉄バファローズ(1979年〜1983年)
広島東洋カープ(1984年〜1987年)
南海ホークス・福岡ダイエーホークス(1987年〜1996年)
■コーチ・監督
福岡ダイエーホークス・福岡ソフトバンクホークス(1997年〜2009
読売ジャイアンツ(2011年)
オリックス・バファローズ(2012年〜2015年)

■通算成績
843試合 打率2割2分3厘、14本塁打、75打点

■監督通算成績
341試合202勝193敗11分
勝率5割5 分1厘

主な講演のテーマ

1.維持は交代、変化こそ成長
オリックス・バファローズの監督時代、「維持は後退、変化こそ成長」という言葉を使い続け、常に選手へ変化を促した結果、Bクラス続きのチームをわずか2年でAクラスへ導いた。福岡ソフトバンクホークスのコーチ時代は「名コーチ」として知られ、川崎宗則(現ブルージェイズ)ら数多くの選手を育成した。
他球団からも指導者として高く評価され、数々の実績を残したその結果を残す人材育成論をお話しします。

2.何事も情熱的に取り組む
非常に研究熱心で野球の知識も豊富であり、野村克也氏からは「私が楽天で監督をしていた頃、野球の話が出来たのは落合と森脇(当時ホークスコーチ)だけだった」と言わしめるほどであった。現役を引退した際はノックの猛練習を重ね、長嶋監督を一目惚れさせるほどの名人芸を身につけた。誠実、努力家、読書家である森脇は選手からの信頼も厚い。
目標に向かって取り組むその姿勢と情熱の大切さを、皆様にお伝えします。

カテゴリー

企業向け
スポーツ

著作紹介

  • 『微差は大差 オリックス・バファローズはなぜ変わったのか 』

    ベースボール・マガジン社

あなたにオススメの講師

Page Top