齊藤 明雄

さいとう あきお
齊藤 明雄

肩書き
スポーツコメンテーター
野球解説者
元プロ野球選手
出身・ゆかりの地
京都府

この講師のここがおすすめ

大きなカーブを武器に先発、抑えに活躍。100100セーブの金字塔を打ち立てた名選手、齊藤 明雄さん。
講演では、現在コーチも務める齊藤さんが、スポーツから学んだ組織改革やマネジメントについてお話いただけます。ビジネスをはじめ、すべての勝負に通じるお話は、得るものが多いお話です。

プロフィール

1955年京都府出身。
1976年、ドラフト1位で大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)に入団。現役時代は先発、リリーフにて17年間に渡り活躍する。1978年に開場した横浜スタジアムの開幕試合に先発し、見事に完投勝利し、同球場の公式戦勝利投手第1号となる。1993年に現役を引退。2007年横浜ベイスターズの投手コーチとして復帰。野球解説者を経て、2013年には千葉ロッテマリーンズ一軍投手コーチ、2014年は二軍投手コーチを務めた。右腕投手としては史上初の100勝100Sを達成する。現在は野球解説者として活躍する傍ら講演活動を積極的に行っている。

 略歴 
1976年   ドラフトで大洋ホエールズから1位指名を受け入団。
1977年   新人ながら開幕1軍。新人王を獲得。
1978年   新築された横浜スタジアムのオープニングゲームに先発。
             見事に完投勝利し、同球場の公式戦勝利投手第一号。
1981年   遠藤一彦と入れ替わりで抑え投手に転向。5勝15敗10S。
1982年   登録名を「明雄」から「明夫」に改名。
             当時の日本記録である8連続Sとシーズン30Sを達成、リーグ最多セーブを記録。
             最優秀防御率のタイトルも獲得。
1983年   10勝8敗22Sで最優秀救援投手のタイトルを獲得。
1986年   2度目の最優秀救援投手となる。
1988年   右投手では史上初、左右あわせても史上3人目の通算100勝100Sを達成する。
1993年   投手兼任コーチに就任するも、現役引退を表明。
1994年~1995年   フジテレビの解説者。
1996年~1999年   横浜ベースターズ一軍投手コーチ。
2000年~2006年   フジテレビ、ニッポン放送解説者。
2007年~2008年   横浜一軍投手チーフコーチ。
2009年   フジテレビ、テレビ神奈川の解説者。
2013年   千葉ロッテマリーンズ一軍投手コーチへ就任。9月10日からブルペンコーチとして復帰。
2014年   千葉ロッテマリーンズ二軍投手コーチ。

 戦歴 
1977年   新人王
1982年   8連続セーブ(当時日本記録)、30セーブ(リーグ最多セーブ記録)、最優秀防御率
1983年   最優秀救援投手
1986年   最優秀救援投手
1988年   史上3人目の通算100勝100Sを達成

主な講演のテーマ

1. プロ野球で活躍するために必要なこと
ドラフト1位でプロ野球の世界に入り、入団当初は巨人キラーとして頭角を現し、その後、先発、抑えとしてチームの大黒柱として活躍しました。その経験からプロとして活躍するために必要なことを自身の経験談をもとにお話します。

2. プロ野球における強い組織とは
選手、コーチを含めて20年以上もプロ野球の世界に身を置いておりました。その経験より、強い組織と弱い組織の違いを知り、強いチーム、負けないチームにもそれぞれ理由があります。プロ野球2球団で選手とコーチ経験より強い組織のつくり方を伝授します。

3. 20代の若手との接し方と個性を伸ばす方法
現役引退後、野球解説者として球場の現場での取材や投手コーチとして20代のプロ野球選手と接する多く機会あります。
最近のプロ野球選手の気質は昔と違ってきました。しかし、彼らは厳しいプロ野球で結果を出し、第一線で活躍しています。近くで接していると若手選手が活躍している中でプレーしやすい環境を監督、コーチが作っています。これはビジネスの世界でも応用できます。部下を持つマネジャー、リーダーには必聴です。

カテゴリー

企業向け
スポーツ

あなたにオススメの講師

Page Top