マーティ・キーナート

まーてぃ・きーなーと
マーティ・キーナート

肩書き
東北楽天ゴールデンイーグルス シニアアドバイザー
東北大学特任教授 / 総長顧問
仙台大学副学長 / 教授
ISMAC代表取締役
出身・ゆかりの地
海外

この講師のここがおすすめ

滞日45年一貫して日米を通じたスポーツに身を置き、スポーツ事情に精通したマーティ・キーナートさん。流暢な日本語を駆使し、スポーツ時事話題を盛り込んだ笑いの絶えない講演は、企業(モチベーション・チームワーク等)、教育・学校など様々なジャンルで好評です。

プロフィール

1968年6月スタンフォード大学、政治学部卒業。
1969年慶応大学日本語コース修了。特選塾員証を授かって以来一貫、日米を通じたスポーツビジネスに身をおく。

1972年、20代でカルフォルニア・リーグのAクラス球団、ローダイオリオンズのゼネラルマネージャーを務め、CA(カルフォルニア)リーグの「エグゼクテイブ・オブ・ザ・イヤー」に選出される。
1974年、福岡にて太平洋クラブライオンズの営業開発促進室室長として活躍、その間、ちびっこ友の会、レディースナイター、身体障害者の為の球場アクセスの改良と無料招待、など、今となっては当たり前のである現在の日本プロ野球球団のファンサービスの原点を日本へ持ち込んだ。球団マスコットとして本物の赤ちゃんライオン、ララちゃんを平和台球場に登場させた事は、今でも語り草である。
㈱デサントでの仕事を皮切りに、日本における最初のスポーツライセンスビジネスをスタートさせ、NCAA、MLB、 NBA、NHLなど多くのライセンス契約を成功させる。個人事務所ISMAC設立後は、スポーツエージェントとして日本でプレイするジミー・コナーズ、ランデイー・バースなど外国人選手のマネージメントも多数てがけた。日本語をいかし、自らもテレビ、ラジオでスポーツ解説を始め、また、日本のTV局へのアメリカのスポーツ番組の買い付けを行い、日本にアメリカのスポーツを紹介する一役をかっている。NBAバスケットボールの日本での最初の紹介者でもある。
1990年からは、米国のマイナーリーグ(2A)バーミングハム・バロンズ(1994年マイケル・ジョーダン在籍チーム)で、㈱サントリーとの共同オーナー兼、現地球団社長を務め、この間、チームは、サザンリーグ優勝、観客動員数30万人以上を達成している。
キーナート自身も、高校当時は、カルフォルニアエンジェルスにスカウトされた程の腕前の野キャッチャーだったが、MLBには行かずスタンフォード大学へ進。アメリカンフットボール、バスケットボールを12年間、また日本でも社会人アメリカンフットボール、社会人ラグビーなど多くのスポーツを日米で実際にプレイしたスポーツマンであり、日本における最初のアメリカンスタイル・スポーツバー(THE ATTIC)の元祖創立者でもある。
滞日40年弱、流暢な日本語をいかし、ビジネスとプレイヤー両方の実経験から、スポーツジャーナリストとしても活動。特に野球への情熱は熱く、イチロー、松井のメジャー進出をいちはやく予言していた一人である。その感動を生み出すプレイヤーたちとスポーツをこよなく愛し、日本のスポーツ界をよりよくしたい熱い想いにあふれている。

主な講演のテーマ

1.「T.E.A.M. -チームワークの真の意味」
TEAMの本当の意味について。日本のスポーツプレイヤーをとりまく環境は、決して最適といえません。何故でしょうか?真のチームワークとは何でしょうか?何故日本のスポーツは、組織として収益をあげられず、チームとし一丸となって動かないのでしょうか?その問題点にせまり、考えます。

2.「日本のスポーツはどこにいくか」
日本の頭脳流出が危惧された10数年後、日本のスポーツ界では、日本の筋肉流出の危機を迎えそれは今なお増加する一方です。日本人スポーツプレイヤーの中には、いまや世界で通用する技術とセンスを兼ね備えた選手が数多くいます。どうしても世界に挑戦したいという選手が年々増え続ける一方、日本のスポーツをとりまく環境や組織はどうでしょうか。いまだに抜本改革がなされないままではないでしょうか。日米のスポーツ界を経験してきたキーナートが、ビジネスとプレイヤーの双方の視点から「果たして日本のスポーツはどこにいくのか」を語るスポーツと文化、 日米比較スピーチです。

3.「厳しい困難にもかかわらず」- Against all the odds –
日本であまり知られていない、生まれつきの困難に負けず、さまざまなスポーツでトップにたっている世界のスポーツプレイヤーを紹介します。人生には無限の可能性がある。そして、その驚くべき努力とポジテイブなライフスタイルと強靭な精神力、周りの人々の姿勢などを通じて、スポーツの素晴らしさと人生の豊かさを語る、モチベーショナル・スピーチです。 スポーツと都市を紹介、そしてスポーツにおける地域活性化のチームワークを語ります。

4.「文武両道の意味について」- 教育は人生の保険です –
日本における一筋美徳が、若者にとって必ずしも最高の選択ではないと語ります。自分さえも知らない様々な可能性を持った若い人達には、無限の可能性があります。小さい頃から、どちらかに選択を迫られてしまうシステム、スポーツ一筋、あるいは、勉学一筋でいいのでしょうか?何故、日本の学校は、若者が、両方達成することができるように、本物の文武両道を育てるシステムをもたないのでしょうか?世界の本物の文武両道の人物を紹介しながら、日本独特のスポーツ特待制度にも警鐘を鳴らします。東北地方で行った「マーティ塾」は、この講演を基調にしており、講演に訪れた学校は100校余り、聴衆ののべ人数は5万人に達します。学校教育の現場の保護者や教師の方々に非常に人気の高い講演で、若い生徒や学生にもインパクトあるパワフルな教育講演です。

5.「地域活性化のチームワーク」〜小さな町から花開くアメリカの地域スポーツ〜
スポーツの振興には大きなマーケットが必要とよく言われます。が、実際は全く違う。アメリカには地域のチームやイベントを支え、そこから大きな経済効果も得られるような小さなスポーツマーケットがたくさんある。そのような、小さな町から花開いたアメリカの地域スポーツとそれを支える地元の地域活性化のマーケティングを語ります。

その他、
「プロフェッショナルの条件」 -日本のプロスポーツで真のプロは選手だけ?-
「勝利への道、勝つチームを考える」「スポーツにみる日米の違い」「プロスポーツの構築」

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

著作紹介

  • 『文武両道、日本になし―世界の秀才アスリートと日本のど根性スポーツマン』

    出版社: 早川書房
  • 『スタンフォード流 議論に絶対負けない法―“勝ちグセ”をつけるセオリー!』

    出版社: イースト・プレス
  • 『愛すべき助っ人たち』

    出版社: ベースボールマガジン社

聴講者の声

  • スポーツの観点から見たチームワークを、業務に活かしていきたい。
  • センスとユーモアにあふれた内容で、リーダーシップとチームヮークの重要性を分かりやすくアプローチして頂いた。
  • いろんな知識を交えて進めるので、楽しく集中して受講できました。
  • 楽しい話の中にTEAMの大切さを実感しました。
  • 仕事上活用できそうです。
  • 楽しい講演でした。我々業界も昔気質な人が多く、意識改革に役立てたいと思います。
  • 非常に良い講演でした。「文化によって、一緒に引っ張る方法が異なる」が印象的でした。企業によっても異なりますよね。
  • チームワークの真意とリーダーシップの大切さが良く分かりました。活用していきたいと思います。
  • 本当に勉強になりました。時間を忘れて聞き入ってしまいました。このような講演は初めてかもしれません。次もスポーツ界からお願いします。
  • チームワークにも色んな形が有るのだと気づかされました。また、チームを引つ張るリーダーの資質でメンバーの成長度合いも変わることや、もちろん一番重要な事として、自分自身に「言い訳はない」、責任感が必要なのだと痛感し、大変参考になるご講演でした。
  • チームワーク、リーダーシップのあり方を勉強できた。北米のメジャースポーツと日本のスポーツの利益を出すという違いに、大変興味深く聞く事ができ参考になりました。
  • T.E.A.Mの具体的なお話はもちろん、成功したリーダーは先見の明があるという考え方、 張本氏の「企業努力が足りない」という意見への反論(制度の問題では?)など、とても参考になりました。
  • センスとユーモアにあふれた内容で、リーダーとチームワークの重要性に分かりやすいアプローチでの講演でした。
  • ユーモアたつぷりで話が聞きやすかった。スポーツの観点から見たチームワークを業務にいかしていきたいと思った。

あなたにオススメの講師

Page Top