島田 亨

しまだ とおる
島田 亨

肩書き
元楽天株式会社 代表取締役副社長
元株式会社楽天野球団(楽天イーグルス) 代表取締役球団社長/球団オーナー
元Rakuten Asia CEO
株式会社インテリジェンス 共同創業者/元副社長
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

楽天イーグルス、元代表取締役球団社長である、島田亨氏。
㈱インテリジェンス創設や、楽天イーグルス初年度黒字化達成など、多くの企業で
華々しい結果を出してこられました。講演では、三木谷氏に「カルロス・ゴーン氏にも匹敵する」と言わしめたその卓越した経営力、組織論、リーダーシップなどについてお話いただけます!

プロフィール

1965年、東京都生まれ。
1987年に東海大学卒業後、株式会社リクルートに入社。営業成績全国トップに輝くなど、営業職で目覚ましい活躍ぶりを発揮する。入社2年目に出会った宇野康秀氏(現USEN株式会社 代表取締役社長)らと共に、株式会社インテリジェンスを設立し、リクルートを退社。同社を上場企業へと導く。

2000年に株式会社シーズホールディングスの代表取締役に就任し、複数の企業で経営に参加しつつ、投資家活動を展開する。2004年10月より、50年ぶりに誕生したプロ野球新球団の「東北楽天ゴールデンイーグルス」にて、代表取締役・球団社長に就任。NPB参入から開幕までわずか4か月ほどしかない中で、選手もゼロ、試合開催経験もゼロ、球場はできていない、東北初のプロ野球初球団等、何もかも整備されていない中、強烈なリーダーシップでプロジェクトを率いて、見事に開幕を無事に迎えた。
新球団誕生の背景には、近鉄球団が大幅な赤字を主な理由として球団が消滅し、ファン、選手、関係者が悲しい思いをし「球界再編」が巻き起こった事があった。当時のパ・リーグの各球団は毎年20~40億程度の赤字経営が常態化しており、新規参入球団としての至上命題は「黒字化経営」、「健全な球団経営・運営」であったが、球団立ち上げ1年目より見事に黒字化を達成。「お客様にとって何が価値があるのか?」と言う事を常に追求し、それまでの日本のスポーツ界ではなかったようなスポンサーシップを組んだり、本拠地球場の営業権、運営権を手に入れ、女性・子供や野球に関心の無い人でも楽しめるようおなボールパーク化を実現。これら成功事例、ビジネスモデルが現在の各スポーツ球団、競技団体の多くに取り入れらえており、モデルとなっている。
その後、初代オーナーである三木谷浩史氏よりオーナー職を禅譲。オーナーと球団社長を兼務。また球団での経営手腕を評価され、三木谷氏より楽天グループ全体のマーケティング、合併したグループ企業の経営、グローバル展開した同グループの舵取りを任され、世界中で数々の事業を立ち上げた。

<主な経歴>
1987年4月  株式会社リクルート入社
1989年6月  株式会社インテリジェンス設立、共同創業者
2000年9月  株式会社シーズホールディングス 代表取締役
2001年1月  株式会社日光堂(現株式会社BMB)取締役副社長
2004年11月  株式会社楽天野球団 取締役副社長
2004年12月  同社 代表取締役社長
2005年3月  楽天株式会社 取締役(現任)
2006年3月  同社 常務執行役員 CMO
2007年11月  フュージョン・コミュニケーションズ 代表取締役社長
2008年1月  株式会社楽天野球団代表取締役社長兼オーナー
2012年4月  楽天株式会社 アジアRHQ準備室(現 Asia RHQ)担当役員
2014年10月  同社 代表取締役副社長
2016年3月  同社 退社

<主な著書>
本質眼』(アメーバブックス)
楽天野球団のシークレット・マネージメント』(講談社)

主な講演のテーマ

1. 経営の本質を見極めれば、もはや業種は無関係である
38勝971分。新規参入した楽天イーグルスで、不可能といわれた初年度黒字化を達成。その卓越した経営力、経営哲学、野球ビジネスの実態を告白。「経済界での常識は、野球界にも通用するはずです」と言う信念の下、球界の常識を次々と塗り替え、金字塔を打ち立ててきた。

2. 経営の本質眼 ~インテリジェンス創業~プロ野球球団立ち上げまで~
インテリジェンスを共に立ち上げた朋友・宇野康秀氏、そこへ新入社員として入社してきた藤田晋氏、ビジネスパートナー・三木谷浩史氏…志を共にした仲間との日々の中で、何を想い、何を得たか――。三木谷氏に「カルロスゴーン氏にも匹敵する経営力」と言わしめた島田氏の本質眼、ビジネス戦略のロードマップとは?

3. 自ら変化を創り出し、変化によって自らを変えよ
ある日、楽天・三木谷浩史氏から「野球やりませんか?」と電話が掛かってきた。想像できない事にアントレプレナーシップが刺激され、旧態依然の球団経営にこれまで培ってきたベンチャースピリットで一石を投じたいと思い、球団経営を引き受ける事を決断。どれだけ多くの判断を、どれだけ短くできるか。目的に対して、正しいことであれば、7080点でもよい。100点だと思って判断しても間違えるので、方向性さえあっていれば80点でも行動して、PDCAをまわすことのほうが大事と語る。

カテゴリー

企業向け
スポーツ

著作紹介

  • 『本質眼ー楽天イーグルス、黒字化への軌跡』

    出版社: アメーバブックス
  • 『楽天野球団のシークレット・マネージメント たった5年で成し遂げた奇跡』

    出版社: 講談社

あなたにオススメの講師

Page Top