宗片 恵美子

むなかた えみこ
宗片 恵美子

肩書き
特定非営利活動法人イコールネット仙台 代表理事
出身・ゆかりの地
宮城県

この講師のここがおすすめ

宗片恵美子さんは東日本大震災の前から、災害時に女性が抱える問題の掘り起こしに携わってこられました。震災後、その活動に基づく提言は政府の防災計画にも盛り込まれました。
避難所・仮設住宅を訪問し被災者の生の声を聞き、実際に行ってきた支援活動に基づいて「なぜ防災に女性の視点が必要なのか」お話していただけます。

プロフィール

男女共同参画社会の実現に向け幅広く取り組むとともに、男女共同参画を核としたネットワーク形成をめざし活動を行っている。

2003年、男女共同参画の推進に向け、イコールネット仙台の設立にかかわる。
2008年、仙台市内の女性を対象に「被災時における女性のニーズ調査」を実施した。
震災発生以降、避難所・仮設住宅の訪問を行い、女性の現状把握に努めるとともに「洗濯代行ボランティア」や「被災女性のための語り合いサロン」等に取り組んだ。
2013年から、「女性のための防災リーダー養成講座」を実施、人材育成にも取り組んでいる。
2011年年6月、「女性のチャレンジ賞」(内閣府)を受賞。
仙台市震災復興検討会議委員、内閣府中央防災会議防災対策推進検討会議委員等を経て、
現在、内閣府男女共同参画会議議員、仙台市防災会議委員等を務める。

主な講演のテーマ

1.被災地から学ぶ女性の視点で考える防災セミナー
2.防災・減災と男女共同参画 ~今、私たちが伝えたい事~
3.災害に強い地域づくりのために ~防災・減災に女性の力を活かす~
4.女性のリーダーシップと多様性

東日本大震災の教訓として、男女のニーズの違いや多様な生活者の視点に配慮した防災対策・減災対策の重要性が指摘されましたが、「女性の視点」での防災対策については、まだまだ認識が十分ではないのが現状です。被災された女性の生の声を聞き、実際に行ってきた被災地での支援活動を通して「なぜ防災に女性の視点が必要なのか」、「平常時からできる女性の視点を持った防災・減災の取組」などについて分り易くお話します。

カテゴリー

官公庁向け
福祉・高齢・介護・医療
環境・防犯・防災・消費生活

あなたにオススメの講師

Page Top