村上 恭和

むらかみ やすかず
村上 恭和

肩書き
全日本女子卓球代表監督
出身・ゆかりの地
広島県

この講師のここがおすすめ

一貫して卓球選手として活躍してきた全日本女子卓球代表監督・村上恭和さん。指導者となってからは、「ミッションから逆算して戦略を練る」村上流マネジメントで日本卓球界悲願のメダルを獲得!その手腕がビジネス、教育へと生かされる講演で明かされます。

プロフィール

1957年、広島県生まれ。近畿大学付属福山高校から近畿大学へ進学。一貫して卓球選手として活躍。
和歌山銀行の卓球部で現役生活を終え、31歳の時にママさん卓球の指導者として独立する。その指導力が買われて、1990年に日本生命女子卓球部監督に就任。6年後に日本一になって以来、常勝チームとして君臨するチームに作り上げた。
1996年に日本卓球女子代表コーチに就き、北京オリンピック後の2008年10月に監督就任。 2012年8月、ロンドンオリンピックにおいて「ミッションから逆算して戦略を練る」村上流マネジメントで見事、日本卓球界悲願の初メダルを獲得した。リオデジャネイロ五輪の監督に留任するとともに2020年五輪で金メダルをとる戦略構想に着手した。
その戦略案やチームづくりに力を注ぐマネジメント・スタイルがスポーツ各界はもちろん、ビジネス界からも注目を集めている。 指導者・経営者向けの講演会では、人材を磨くには時間がかかるものであると考えるべき。怒っても何も解決することはなく、相手が話を聞く状況にすることが大事であることを中心伝え、また、日本一球拾いをする監督と言われる理由について紹介する。

<主な競技歴>
1983年 世界卓球選手権大会 混合ダブルス出場

<現在の活動>
卓球ナショナルチーム女子監督
日本生命卓球部監督

主な講演のテーマ

『東京オリンピック金メダルの道のり』
<主な講演内容>
「大戦略を小戦略にブレイクダウンする」
〇リーダーは伝わり方に工夫をこらす
押しつけの戦略は機能しない。戦略をチームで共有するためにはタイミングや伝わり方が重要。
また、ロンドンオリンピックで「第二シード」を確保するためにとった戦略も紹介する。

〇チーム全体でライバルを共有する
ライバルとなる選手たちをピックアップし全員で共有することによって、これからオリンピックまでにやらなければならないことや、弱点の改善に取り組んだ。そうるすことにより、チームを構成するひとりひとりが「何をおこなうべきか」役割を考えて行動することにより、「チームワーク」が強化できた。

「リーダーとしての姿」
〇できないことは任せる ~優れた参謀をもつものが勝利する~
自分でできないことは人に任せる。自分自身は卓球の専門家であるがその他はできないこともあると認識し、卓球以外の専門家を6人招いた。また、これまで村上が人と接するときに夢を分かち合ったり、本音で話し合うなど楽しい時間を過ごすことで信頼性を高めた。

「情報を制し、敵の心理をよむ」
〇相手の心理を読み切って裏をかく
情報を制するものが勝つという信念のもと、相手の心理を読みまたは相手から心理を読まれないようにリーダーは敵との騙し合いに勝たなければならない。特に卓球団体では当日のオーダーで、その大半がほぼ決まってしまうと言われている。

〇勝敗のゆくえは「情報」が握っている
戦略、戦術の成否を決定するのは「情報」である。正確な情報をいち早く手にするものが有利戦える。また、情報はどこから漏れるかわからないので、守るべき情報は徹底して守ることが重要であると考える

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
スポーツ

あなたにオススメの講師

Page Top