三遊亭 多歌介

さんゆうてい たかすけ
三遊亭 多歌介

肩書き
落語家
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

東京生まれの江戸っ子噺家・三遊亭多歌介さん。元気で生きる秘訣、落語界のエピソード、80歳をこえても元気いっぱい高座をつとめていた師匠・三遊亭圓歌の話等を交え、明るい人生を送るヒントをお話しいただけます!

プロフィール

1966年 東京生まれの鹿児島育ち。
「幸せが幸せを~笑いが笑いを呼ぶ!」をモットーに明るく、楽しく、あせらずに大活躍中。学生の頃より人を笑わせる快感を覚え、憧れの三遊亭圓歌(元 落語協会最高顧問)に入門。内弟子(住み込み)として4年半修行に励む。
1989年 二つ目昇進 三遊亭歌風襲名。
1997年 真打昇進 三遊亭多歌介に江戸下町落語会グランプリ。YS横浜落語会委員。
埼玉県財団法人いきいきさいたまの講師として、15年以上講演会を毎年開催(現在進行中)。TV出演、笑点(日テレ)ゲスト出演、NHK名人会、WOWOWレギュラーなど。
現在、インターネットTVニコニコ生放送にてそ~しゃる大喜利を開催、各大学お笑いサークルの大喜利選手権を開催している。また、建築関係の家庭に生まれたことから現場にも精通し、安全大会でも落語の知識を生かし、江戸下町庶民の安全に対する取り組みを交え、楽しくためになる講演会を開催している。また、商店街散策の趣味が高じて商店街評論もこなし、墨田区では東京スカイツリーを利用した商店街活性化活動も進めている。

 講演実績 
埼玉県生きがい大学講師/学校法人春日部共栄講師/警察署(全国30ヶ所以上)/消防署(全国40ヶ所以上)/公共団体,商工会議所(200ヶ所以上)/ライオンズ,ロータリークラブ/各有名企業等でも講演会を開催(1000以上)。

主な講演のテーマ

<福祉・高齢者・教育関係>
1. 年齢・身体は気(心)の持ちよう!
厚いと思えば暑くなる。寒いと思えばどんどん寒くなる気で気を養うといいます。自分は年寄り、そうそうと思っていると・・・・・?元気で生きる秘訣、落語界のエピソード、80歳にして元気いっぱい高座を務める師匠三遊亭圓歌の話しを交えて明るい人生をおくるヒントを伝えます。

2. 見た目を大切に(他人の目)
芸能人は、よく年齢より若く見えるといわれます。他人に見られるということは、良い意味での緊張感が生まれます。物(者)の見方を変えると楽しいひととき、新しい発見、おもしろい人生がおくれる、脳の活性化につながるというお話。

<企業・法人会>
3. 笑売繁盛(笑門来福)
苦しい時こそチャンスの時、笑顔でいれば福来る。人間は苦しい時に成長する生きものです。寒いから着るものを考え、強い敵を倒す為に武器を考えます。ビンボーな時こそビンボーで自分を鍛え、病気の時こそ病気で病気で自分を鍛える・・・「ありがとう」漢字で書くと「難が有る」から有難う。若い頃本当につらい思いをした方は、それを良い思いでと言います。「有難う」を大切に・・・

カテゴリー

ビジネス
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
イベント・音楽・芸能

あなたにオススメの講師

Page Top