津田 紗矢佳

つだ さやか
津田 紗矢佳

肩書き
気象予報士
防災士
気象キャスター
出身・ゆかりの地
山口県

この講師のここがおすすめ

毎年のように起こる自然災害。気象予報士・津田紗矢佳さんの講演では、そうした災害から生き残り、大切な人の命も守るための天気予報の見方を教えていただけます。「情報をただ受け取る人」から「情報を取りに行く人」へ。そして「人を助ける人」へ。

プロフィール

元秘書。上司が乗った新幹線が大雪で遅れたことから、自分で天気を予想できればもっと先を見越した行動がとれると思い、気象予報士の資格を取得。各地の災害現場を訪問する中で得た経験談や教訓を広く発信すべく、2017年からウェザーマップに所属し、気象予報士として活動中。

 講師からのメッセージ 
声に特徴があります。お天気コーナーが始まると、赤ちゃんがテレビにくぎ付けになります。「うちのばあちゃん、あなたの声は聞こえているのよ~」と言われます。年齢・国籍に関係なく、どんな人でも分かりやすい“やさしい天気予報”を目指します。天気ネタのために、1泊2日で1000キロ移動することもザラにあるほど、お天気修学旅行が趣味。全国の美味しい日本酒を飲み歩く、日本酒系気象予報士でもあります。

 主なメディア出演 
秋田テレビ「Live Newsあきた」「プライムニュースあきた」「FNNプライムニュース デイズ」
「FNNスピーク」「AKTみんなのニュース」「土曜LIVE!あきた」

主な講演のテーマ

1. 天気予報の上手な使い方
毎年のように起こる自然災害。そうした災害から生き残りたいし、さらには大切な人の命も守りたくありませんか?いつも何となく見ている天気予報の見方を変えます!「情報をただ受け取る人」から「情報を取りに行く人」へ。そして「人を助ける人」へ。

2. 天気図を描いてみよう
「気圧の谷って何?」「等圧線がたくさんあると、なんで風が強いの?」
天気予報に関する「何それ」「なんで」に答えます!!
いつもより天気予報を見るのが楽しくなる。夏休みの自由研究にも。

3. お天気コミュニケーション
「いろんな人と上手くやっていきたいけど、みんなが盛り上がる話題って難しい…」
考えすぎてしまった結果話しかけることができず、一人ぼっちで過ごしていませんか?みんなが知っていて、無難な話題。それが天気です。コミュニケーション障害である私の実体験を交えながらお話しします。

※オンライン講演会も対応可能です。

カテゴリー

ビジネス
教育・学校・PTA
環境・防犯・防災・消費生活
芸能人・文化人

あなたにオススメの講師

Page Top