山本 昌

やまもと まさ
山本 昌

肩書き
スポーツコメンテーター
元プロ野球選手
出身・ゆかりの地
神奈川県

この講師のここがおすすめ

32年間中日ドラゴンズ一筋で活躍したフランチャイズプレイヤー・山本昌氏。引退を機に、スポーツコメンテーターとして活躍する傍ら、講演にも力を注ぐ。講演テーマ「継続する心」「今の自分が未来の自分を作る~準備することの大切さ~」で野球人生を語る。

“ブログ”「11/19 「レジェンド」山本 昌さんの講演会を開催!!」レポートはこちら

プロフィール

1965年8月11日生まれ。神奈川県茅ヶ崎市出身。
1987年 日本大学藤沢高校からドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。
2006年 史上最年長の41歳1ヶ月と5日でのノーヒットノーランを達成。
2015年 9月26日現役引退を表明。10月7日のシーズン最終戦、広島戦にて史上最年長先発、登板を 果たし数々の史上最年長記録を打ち立てた現役生活に別れを告げた。

1984年に入団して以来、32年間中日ドラゴンズ一筋で活躍したフランチャイズプレイヤー。
プロ生活32年、実働29年はいずれも歴代最長で、数々の最年長記録を樹立している。
3度最多勝に輝き、1994年には沢村賞を受賞。
2006年には史上最年長でのノーヒットノーラン、2008年には通算200勝を史上最年長で達成した。
またプロ通算219勝のうち半分以上の140勝を30歳以降に記録しており、また40歳以降でも46勝を挙げた「中年の星」、「レジェンド」として記録にも記憶にも残る名投手として知られる。
2015年9月26日ブログで引退を発表した。
10月7日のシーズン最終戦で広島戦に先発し、先頭打者をセカンドゴロに打ち取り、現役最後の登板を終え32年に渡る現役生活に終止符を打った。

【プロ通算成績】プロ31年間で581試合に登板、219勝165敗5セーブを記録。

<獲得タイトル>
最多勝:3回 (1993年、1994年、1997年)、
最優秀防御率:1回 (1993年)、
最多奪三振:1回 (1997年)、沢村賞:1回 (1994年)
最優秀投手:2回 (1994年、1997年)
ベストナイン:2回 (1994年、1997年)
ノーヒットノーラン:1回41歳1ヶ月5日-2006年9月16日

主な講演のテーマ

1.継続する心
誰でも同じ環境で同じパフォーマンスを続けることは簡単ではありません。プロ生活32年を1つの球団で活躍し続けたフラン チャイズプレイヤーでもある山本昌が自身の経験から1つ場所で1つのことをやり続ける力。またそこで結果を残し続けるこ との難しさと常に向上心を持ってやり続ける難しさをお話し致します。

2.今の自分が未来の自分を作る~準備することの大切さ~
50歳までプロ野球選手として活躍した山本昌も一朝一夕で大成されたわけではありません。 若い頃、結果が残せず背水の陣で挑んだアメリカ留学、そこで出会った最大の恩師。そしてそこで学んだ基本の技術を徹底す る大切さなど、その若い頃からの努力の積み重ねや多くの人との出会いがあってこそ今日の姿があるのです。 またラジコンレースなど自分の大好きな事をやりながらも、プロの世界でしっかりと結果を残し続けてきた自身の経験をもと に今の自分が未来の自分を作る、その大切さを自身の経験から未来ある若者に向けてお話し致します。

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

著作紹介

  • 『ピッチングマニア: レジェンドが明かすこだわりの投球術』

    出版社: 学研プラス
  • 『奇跡の投手人生50の告白―悔いはあっても後悔はない』

    出版社: ベースボールマガジン社
  • 『山本昌という生き方』

    出版社: 小学館

ギャラリー

あなたにオススメの講師

  • 森永 卓郎

    森永 卓郎

    経済アナリスト/獨協大学経済学部教授

  • 山本 博

    山本 博

    アテネ五輪アーチェリー銀メダリスト

  • 奥野 史子

    奥野 史子

    1992年バルセロナ五輪 シンクロナイズドスイミング・銅メダリスト

  • 岡本 依子

    岡本 依子

    シドニーオリンピック女子テコンドー67㎏銅メダリスト

  • 橘 こころ

    橘 こころ

    『ビリギャル』の母

  • 仲島 正教

    仲島 正教

    教育サポーター

  • 松尾 雄治

    松尾 雄治

    元新日鉄釜石ラグビー部選手兼監督

  • 竹内 智香

    竹内 智香

    アルペンスノーボード オリンピックメダリスト

Page Top