『戦場カメラマンの仕事術」渡部陽一氏著 光文社より発行


2016年3月20日 戦場カメラマン・渡部陽一氏著『戦場カメラマンの仕事術」が光文社より発行されました。

渡部陽一著「戦場カメラマンの仕事術」

渡部陽一著「戦場カメラマンの仕事術」

本著の帯には、「誰かが伝えなければ 知られない人々がいる…… だから 僕はそこへ向かう」とあります。

イスラム過激派の勢力拡大で戦場取材は一層危険を増すなかでも、現場へ入ることをやめない戦場カメラマンの渡部陽一氏。講演では、戦争の悲劇とそこで生活する民の生きた声と現地で撮影された写真の数々をスライドで紹介しながらお話されます。

戦争と平和、人権、命 をテーマとした講演にお薦めの講師です。
是非、コ~エンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。

講師 渡部 陽一さんのプロフィールはこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

投稿担当:名谷 有子


絵本作家・長谷川 義史さんの絵本ライブを大阪府内で開催


MBSテレビ「ちちんぷいぷい」の人気コーナー「とびだせ!えほん」でもお馴染みの絵本作家・長谷川 義史さんの絵本ライブが、「へいわってすてきだね」をテーマに大阪府内にて開催されました。

hasegawa_yoshifumi_kouen1

ライブは絵本の読み聞かせとトークを中心に、即興での描画、ウクレレの弾き語りと盛りだくさんの内容となっており、会場に訪れた子どもから大人まで多くのお客様が楽しまれました。

プロジェクターを使って絵本の読み聞かせ

プロジェクターを使って絵本の読み聞かせ

次々生まれる即興描画

次々生まれる即興描画

ウクレレの弾き語り

ウクレレの弾き語り

『へいわってすてきだね』は沖縄県与那国島の安里 有生くん(当時・小学校1年生)が書いた詩に感銘を受けた長谷川さんがその詩を絵本にしたものです。安里くんの詩を通じて、相手を思いやる心や自由に話し合えること、優しい気持ちがあれば平和が生まれる、というメッセージを長谷川さんのお話しから感じ取ることができました。

また、デビュー作である『おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん』ではユーモアたっぷりの読み聞かせで会場の笑いを誘い、人が生きていくことやいのちのつながりについてお話しされました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平和、人権、いのち、夢などをテーマで講演会をお考えの方にもお薦めの講師です。是非、コ~エンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

投稿担当:オフィス愛  営業 上田 晋司


拉致被害者 蓮池薫氏講演レポート 


2016年3月、徳島県にて 拉致被害者 蓮池薫氏の講演『命以外の全て奪われた』が開催されました。

蓮池薫氏本人による講演では、拉致の状況、北朝鮮での暮らし、そして帰国の途につかれた全容を理路整然と話されました。その落ち着いたはっきりとした口調とは裏腹に、拉致に対する激しい想いが込められた生のお話に会場を埋め尽くすほどに来場された方たちは、固唾をのんで聞き入られました。

来場者の方のお声を一部抜粋してご紹介いたします。

・知らなかった真実を知ることができた。
・初めて参加して、大変勉強になった。機会を見て、また勉強したい。
・言葉が明瞭で、説明がよくわかった。
・テレビや新聞では明らかにされていなかった当時の様子などがよくわかりました。特に「選択の自由」を奪われていたという言葉が印象的 でした。
・拉致の情況、北朝鮮での生活など、生の声をお聞きすることができた。
・歴史上の当事者の生の声が魂に響いた。
・拉致被害者のその後の実態について、理解出来た。
・みんなで力を合わせて拉致問題にとりくむべきである。
・今日の講座内容は本当に良かったです。蓮池さんもおっしゃられた通り、国民一人ひとりが切実に考え、思いを一つにしなければならないと思える内容で、実によかったと思います。
・講演内容も筋が通って分かりやすい。声もいいし、ぶれずに話しぶりが良かった。スマートで健康的であった。
・日本人として、今後も支援をしなければいけない問題である。証言者の話を聞くのも我々のすべきこと。
・拉致の実態が解り、本当に早く戻してあげなければと切実に思いました。
・被害者の生の声、真実が聞けた事に感動した。究極と思われる質問にも立派に答えられた姿勢は本当に見事でした。
拉致問題を身近に感じることができました。
・拉致被害の苦しみや様子などについて、経験を広く伝えていただき、改めてこの問題の解決に対して考えていかなければならないという認識を持つことができた。
・拉致の経験がよくわかった。つらいつらい北朝鮮での生活、誠に胸を押しつぶされる思いです。
・著書を読んだけど、生身の声は危機せまるものがあり、人ごとではないと思いました。
・力強い講演でした。一刻も早く被害者の方たちが帰国できますように。
・他の人では決して語ることの出来ない話を聞かせていただけて、良かったです。
・お元気な姿で、考えも及ばない人生の経験を、冷静に分析されて、直接お話を聞かせていただきましたが、本当に筆舌に尽くしがたい経験のお話を直接お聞きできてよかったと思います。
・題があまりにもすごすぎます。
・北朝鮮での生活が本当によくわかり、感動しました。
・好感の持てる人物でした。希望を失わず、辛抱できたこと、よくがんばったと思いました。
・ここまで事実を話されるとは思いませんでした。参加してよかったです。
・今日の演題を見て、味わったことのない恐怖を感じました。拉致問題に関しては、ただただ涙が出るばかりでした。私たちのような一市民にできることはあるのでしょうか。
・人権を奪われたご本人の講演を拝聴でき、とても貴重な時間でした。
・命があってよかった。
・蓮池さんの考え方が良く解り、よかったです。
・時間を追って話してくれたので、イメージが湧いて良く理解出来ました。
・話せないこともいっぱいあるだろうに、内容に誠実さが感じられた。
・拉致被害者の生の声を聞くことで、その方の気持ちが直接伝わり、改めて強い憤りを呼び起こされた。
・24年間も北朝鮮に拉致され自由のない生活、「命以外全て奪われた」その中で、家族愛があったこそ生きてきた。ほかの拉致被害者も同じ早く解決して欲しい。
・拉致された人を取り返してあげたいという思いが伝わった。
・蓮池薫さんの体験談が切実に伝わりました。拉致被害者の方々に早期帰国していただくために、国民が声をあげて国を動かさなければいけないと強く感じました。
・あきらめない強い気持ちが理解できた。
・メディアでもとりあげられ、帰国14年、余りにも長い年月…。帰国を待っている人のこと、また話し方も上手で、説得力があります。

人権、いのち、拉致問題、あきらめない心をテーマにした講演会など大変おすすめな講師です。是非、コ~エンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。

講師 蓮池薫さんのプロフィールはこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


3/26 淡路島、洲本市内にて加藤登紀子チャリティーコンサートを開催!!


katou_tokiko 500

兵庫県淡路島は洲本市文化体育館にて加藤登紀子さんのコンサートを開催しました。今回は、淡路島のノーマライゼーションを実現する会を多くの人に理解して頂く為の10周年記念チャリティーコンサートでした。

会場を訪れたたくさんの方々は、加藤登紀子さんの曲に込めるメッセージと力強い歌声に聴き入っている様子でした。アンコールの「100万本のバラ」や「知床旅情」などを含め全18曲、披露して頂き大盛況のうちにコンサートは終わりました。

katou_tokiko2

加藤登紀子さんはじめ、出演者やステージ設営の方々、そして主催者様が一団となりすばらしいチャリティーコンサートになりました。

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

投稿担当:オフィス愛  営業 森本啓仁


人気の絵本作家・宮西達也さんのワンダーランド展、大阪にて開催中!


miyanisi_tatsuya_kouen1

弊社スタッフも行って参りました。宮西達也さんご自身が作品についてお話しをされながら、お客様と一緒に展覧会を巡る“ギャラリートーク”にも参加し、お話しも作品も楽しんでまいりました。軽快なトークで笑いを取りつつも、思いやりや優しさなど目には見えないけれど大事なものについて語る宮西さん。そのユニークなお人柄と優しさが凝縮したような、心温まる原画展となっております。次回、宮西さんが来場されるのは3月28~30日、4月3、4日(予定)となっております。貴重な機会を是非体験してください。

「ティラノサウルス」が立体となってお出迎え

「ティラノサウルス」が立体となってお出迎え

お話しの中で印象的だった作品は、「命の大事さ」を伝えるためにあえて「死」をテーマにしたという『シニガミさん』。「亡くなった人の分まで幸せに生きること、亡くなった人のことを忘れないこと、そうした想いは相手に伝わっている」というメッセージがとても心に残りました。

miyanishi_tatsuya_kouen2

子育て、青少年育成はもちろん、命、死、平和などをテーマで講演会をお考えの方にもお薦めの講師です。是非、コ~エンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。

講師 宮西 達也さんプロフィールはこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

投稿担当:オフィス愛  営業 上田 晋司