多様な性を考える 講演会講師のご紹介


LGBTとは?

LGBTとは、Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、性別越境者)の頭文字をとった単語で、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称のひとつです。

LGBT(同性愛者や性同一性障害者などの性的少数者)は約 13 人に 1 人といわれる、とても身近なマイノリティです。
しかし可視化されづらいマイノリティだからこそ、“みんなと違う”ことを幼少期から感じ、葛藤してきた人は少なくありません。

誰もが自分らしく生きていける社会を実現するためには、LGBTを含む多様な性を尊重しあうことが不可欠です。しかし、性についての固定観念は、未だに差別や偏見を生み、多くの人を苦しめています。

LGBTを知ることを通じて、多様な性につ様な性について考えてみましょう。

LGBTの困りごと

日常生活において性的マイノリティの人はさまざまな悩みを抱えています。

例えば、親子関係(親へのカミングアウト、子どもからカミングアウトされた、子どもが性的マイノリティ等)、学校生活(制服、トイレ、髪型、友人関係等)、就職活動の説明会や面接でどちらの性で挑むべきかなどの問題に直面します。
就職後も、望まない性の制服着用や更衣室の問題など難しい場面はなくなりません。

誰もが過ごしやすい社会の実現に向けて

差別や偏見によるハラスメントから身を守るためセクシュアリティを伏せている当事者は多く、その現状はさらに見えにくくなっています。

当事者にとって必要なことは、信頼できる相談者がいること。そして当事者でない人は、性の在り方が十人都色だということを理解し相談者になること。

一人ひとりが気づき、声を上げることによってLGBTへの理解が少しずつ進んでいくでしょう。多様性を認める社会のために、わたしたちに今日からできることを始めてみませんか?

>LGBT・SOGI関連講師はこちら

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


あべけん太さん 講演会講師のご紹介


あべけん太さんは、自称小栗旬似の「ダウン症のイケメン」。
IT企業の総務部で、週5日、9時から5時まで働くサラリーマンでありながら、最近はテレビやイベントに出演する機会も増えています。

今日は、様々なことに挑戦し、底抜けに明るいけん太さんをご紹介します。

クラスの雰囲気を変えるムードメーカー

「生まれてダウン症だと分かったとき、絶対に隠すのは嫌だった」。
けん太さんの父・俊秀さんは、けん太さんが幼い頃仕事の取引先などどこへでも連れて行きました。

その結果、けん太さんは人との出会いを重ね、話すことが大好きな子どもに成長。それを見た俊秀さんは、けん太さんの可能性を伸ばしたいと小中学校は普通級へ進学させました。

周りにいる児童のサポートは手厚く、「けんちゃんがいたから温かいクラスになったよ」と保護者に声をかけられたこともありました。楽しい毎日を送る一方、俊秀さんには「劣等感を抱いてはいないか」という心配がありました。そんな時に出会ったのが「楠の木学園」でした。

枠にはめない校風で個性が開花

「楠の木学園は」発達障害や不登校などの子どもが通うフリースクール。生徒を尊重し、枠にはめない自由な校風のなか、けん太さんの個性が開花しました。

その原因の一つはクラスの中心人物になったこと。けん太さんは、様々な課題を抱えるクラスメイトを引っ張っていく立場になりました。

また、積極的に挑戦するようになったのも入学してから。学園発表では太鼓や大道芸、劇などを舞台で披露し、人前に出ることに喜びを感じるようになりました。

プライベートでは自らの希望で運転免許の取得に挑みました。実技試験は難なく合格。しかし、最大の壁だった運転免許試験場の学科試験はなかなか突破できず、周りは努力を称え止めようとしたが、「いや、頑張る」と揺るぎなく、見事55回目で合格を果たしました。

ダウン症最高!

2017年には自著「今日も一日、楽しかった」を出版しました。題名は日記の最後に欠かすことなく書く一文。

この言葉の通り、ダウン症でも明るく人生を謳歌していることを知ってもらいたいという意味を持っています。

現在、新型出生前診断でダウン症の有無を調べ「産まない:選択をする人は決して少なくありません。だからこそ俊秀さんは「けん太も最初からできる子だったわけじゃない。それでも伸びしろは無限。諦めないで育ててほしい」と訴えます。

あべけん太・俊秀さんの講演は、人権、障害、バリアフリーをテーマにした講演におすすめの講師です。是非一度プロフィールをご覧ください。

>あべけん太さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


家田荘子さん 講演会講師のご紹介


極道の世界に生きる女性や、女子刑務所、エイズ患者などを題材に数々の名作を著してきたノンフィクション作家・家田荘子さん。

なかでも『極道の妻たち』(青志社)は何度も映画化され、話題となりました。2007年には高野山で伝法灌頂を受け僧侶となり、遍路や山行、講話活動なども行っています。

光の当たっていない人々の声を伝えたい

銀行員の家庭に育ち、母親に厳しく育てられた家田さん。テストで90点未満だと殴られるのは当たり前でした。

さらに、父親の転勤で転校を繰り返したため、友達もできず、いじめに合うことに。命を否定するようなことを言われ、自殺を考えたこともありました。

言葉の暴力や仲間はずれは、どんどんエスカレートしましたが、両親や先生に相談できない、孤独で苦しい毎日は続きました。

これら経験から、家田さんは世の中には「本当は助けを求めたいのに言えない人がたくさんいる」ことを知り、光の当たっていない世界や人々をずっと取材し、生の声を伝え続けています。

子どもが初めて学ぶ場所は家庭

問題が小さなときから誰かに相談できていたら、早く周りの人が気づいていたらこんな苦労をしなくても良かった例がたくさんあります。

何か問題が起きると、学校や先生の責任が問われがちですが、そもそも、子どもが初めて学ぶ場所は家庭です。そこにDVやののしり合いがあれば、子どもは言葉や暴力で人を支配する方法を学んでしまいます。

今の子はお芝居がとても上手なので、先生がいじめに気付かなかったとしても仕方ありません。ただ、発覚した時は、力を合わせて対処してほしいと思います。

取材で知り合った、少年院の子どもたちが言っていました。「親や先生がしっかり話を聞いてくれたら、ここに来ることはなかった」。強く印象に残っています。「ウチの子は大丈夫」と高をくくらず、子どもが何かを伝えようとしている時には、「忙しい」「後にして」などと言わず、必ず話を聞いてあげてください。

* * *

講演では、家田さんの取材を通じた生々しい「現実」を知ることができます。つらい現実を知ることは、時に心に痛く突き刺さりますが、知った上で、どうしたらいいか、考える機会になるきっかけになります。

家田さんの講演は、青少年育成や、人権、男女、福祉高齢、企業向けなどの幅広い主催者様におすすめです。ぜひプロフィールをご覧ください。

>家田荘子さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


レモンさん(山本 シュウさん) 講演会講師のご紹介


合言葉は「We are シンセキ!」

自らを、「男の顔をした、ただのおせっかいおばちゃん」と呼ぶレモンさんこと山本シュウさん。

おせっかいのプロフェッショナルとして、厚生労働省主催のAIDS啓発イベント「レッドリボンライブ」の総合プロデューサーや、NHK Eテレ「バリバラ」の番組MCなど多方面で活躍されています。

レモンさんの講演会で心が動く5つの理由

講演会という名の講演LIVE

レモンさんのこだわりは、来た人が実感する圧倒的なLIVE感!
TVのMCイベントはMC、NHK Eテレ「バリバラ」の生放送や、2日間で 武道館に16,000人を動員したLove in Actionの総合MCを務めるなど、”生に強いトークのスペシャリスト”。アットホームな楽しい雰囲気に包まれること間違いなしです。

レモンさんにしか話せないエピソード

小さい頃から自分が正直に感じたことや、経験したころしか信じなかった「リアリスト」 だから、レモンさんの講演では「リアルな情報」しか話しません。
リアルな情報とは、実際にレモンさんが体験して掴んだ情報、実際にレモンさんが本人から聞いた情報です。そのため、どんな話でも臨場感が湧いてきて、聞いている人も実際に体験しているかのように感じるでしょう。

大きなレモンの被り物をトレードマークに、軽妙な関西弁で笑いを誘うトークが大人気です。言葉の中に「大切なことに気づくきっかけ」が隠れています。レモンさんのメッセージを心で感じてみてください。

いのち・絆・家族、コミュニケーション、子育て・青少年育成、PTA講演会におすすめの講師です。ぜひプロフィールをご覧ください。

>レモンさん(山本シュウさん)プロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


コメディ・クラウン・サーカス 公演レポート


大阪府内にて、平和をテーマとしたコメディ・クラウン・サーカスの公演が開催されました!

幕が開く前から子どもたちは大騒ぎ!

夏休み中であることもあり、会場はたくさんの子どもたちでほぼ満席状態。クラウンたちによるショーが始まると、会場中が歓声に包まれました。

ジャグリングやパントマイムなど、次々に繰り広げられる大技に会場は大盛り上がり!クラウン達は舞台上をところせましと駆け回り高度なサーカス芸で楽しませてくれました。

また、客席こどもたちやお父さん・お母さんがステージに上がって、ショーに傘下するシーンもありました。

「笑い」の力を医療現場の力に。ホスピタル・クラウン

公演では、クラウンたちが行っている活動”ホスピタル・クラウン”についても紹介されました。

ホスピタル・クラウンとは、クラウンが病院へ行き、入院中の子ども達に対してパフォーマンスをする活動を行うことです。つらい入院生活を送る中で、本来の子どもらしさを失いがちになっている子ども達に笑顔を届け、キラキラした瞳を取り戻すお手伝いをしています。

重い病気を抱えた子どもたちがクラウンのおかげで元気になっていく様子に、会場は涙につつまれていました。

* * *

コメディ・クラウン・サーカスの公演は、平和をテーマとした公演や、各種イベント、学校公演におすすめです。是非一度プロフィールをご覧下さい。

>コメディ・クラウン・サーカス(プレジャーB)プロフィール

※講師・講演料に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。