多様な性を考える


LGBTとは?

LGBTとは、Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、性別越境者)の頭文字をとった単語で、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称のひとつです。

LGBT(同性愛者や性同一性障害者などの性的少数者)は約 13 人に 1 人といわれる、とても身近なマイノリティです。
しかし可視化されづらいマイノリティだからこそ、“みんなと違う”ことを幼少期から感じ、葛藤してきた人は少なくありません。

誰もが自分らしく生きていける社会を実現するためには、LGBTを含む多様な性を尊重しあうことが不可欠です。しかし、性についての固定観念は、未だに差別や偏見を生み、多くの人を苦しめています。

LGBTを知ることを通じて、多様な性につ様な性について考えてみましょう。

続きを読む


あべけん太さん(ダウン症のタレント)をご紹介します


あべけん太さんは、自称小栗旬似の「ダウン症のイケメン」。
IT企業の総務部で、週5日、9時から5時まで働くサラリーマンでありながら、最近はテレビやイベントに出演する機会も増えています。

今日は、様々なことに挑戦し、底抜けに明るいけん太さんをご紹介します。

続きを読む


河合 純一さん(盲目のパラリンピック金メダリスト )をご紹介します。


講師 河合純一さんは、パラリンピック 6 大会連続出場し、日本人で初めて「パラリンピック殿堂」入りを果たされました。河合氏は競泳50m・100m自由形の視覚障害クラスで、金メダル5個を含む21個のメダルを獲得しています。

続きを読む


家田荘子(ノンフィクション作家)をご紹介します


極道の世界に生きる女性や、女子刑務所、エイズ患者などを題材に数々の名作を著してきたノンフィクション作家・家田荘子さん。なかでも『極道の妻たち』(青志社)は何度も映画化され、話題となりました。2007年には高野山で伝法灌頂を受け僧侶となり、遍路や山行、講話活動なども行っています。

続きを読む


レモンさん(ラジオDJ)をご紹介します。


合言葉は「We are シンセキ!」

自らを、「男の顔をした、ただのおせっかいおばちゃん」と呼ぶレモンさんこと山本シュウさん。

おせっかいのプロフェッショナルとして、厚生労働省主催のAIDS啓発イベント「レッドリボンライブ」の総合プロデューサーや、NHK Eテレ「バリバラ」の番組MCなど多方面で活躍されています。

続きを読む