ヨシダナギさん 講演会講師 感想文


神奈川県内で開催されたヨシダナギさんの講演会の感想文が届きました。

  • ナギさんの素敵なお話をありがとうございました。「言葉じゃないコミュニケーションで相手のことをどれだけ好きか伝わると思う」と言っていらしたのが心に残りました。来年からオーストラリアへ移住します。オーストラリアでその気持ちを大切にしようと思います。
  • 正面から人権をとらえるのではなく、ヨシダさんの取り組みが人権の本質を結果的にとらえており、非常に感銘しました。少し変わった切り口から企画された方もありがとうございました。
  • ヨシダさんのおだやかな口調と少数民族に対するリスペクトの想いが印象的でした。撮影の裏話をたくさん聞くことができて楽しかったです。ヨシダさんの今後の作品も楽しみです。
  • 美しい色彩の写真。現地の人たちに入って、心を通わせて撮るからこそ、撮れるものなんでしょうね。掛け合いトークのスタイルもよかったです。また、話の引き出し方が自然で、聞きやすかったです。
  • 撮影の裏話をお聞きして、今までに目にしたことも、存在も知らなかった少数民族の方々を身近に感じ、そのまっすぐな生き方に心を打たれました。まだまだ知らない世界をナギさんの写真を通じて知っていきたいと思いました。素敵な講演をありがとうございました。
  • タイトルから人権とあまり結びつかなかったのですが、今まで受けたどの研修よりもシンプルに人権を考えられる内容でした。ありがとうございました。 

夢・希望・チャレンジ、多文化共生・国際交流をテーマにした催しや、文化講演会におすすめの講師です。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>ヨシダナギさんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

 


三遊亭藍馬さん 講演会講師 感想文


神奈川県内の男女共同参画事業で、落語家 三遊亭藍馬さんの講演会が開催されました。演題は、「ありのままの自分らしく生きる」

講師 三遊亭藍馬さんは、入門から14年で「真打ち昇進」を果たされ、また、2人の子の母という顔もお持ちです。

長く男性社会が続いた伝統芸能の世界では「女なんて」という偏見と反発もあります。そんな身分制度の非常に厳しい縦社会の中で落語家を続けるのは、お客さんに笑っていただいたときの喜びを忘れられないため。

そんな三遊亭藍馬さんの「自分らしい生き方」を、落語を交えながらお話しいただきました。

聴講者の感想

  • 男社会で生きる女性のありのままの姿を痛感した講演でした。ユーモアある話術につい引き込まれた時を過ごし、なんとなくほっこりした気分になりました。(60代女性)
  • とても共感できる内容。男も女もない、現代的な感覚。(男性)
  • 明るくて、笑えて、納得のできる話し方が良かった。声が良い。男社会の落語界での苦労話、楽しかった話しをもっと聞かせてもらいたいと思いました!(70代男性)
  • 古典落語の中に現代風のアレンジもされていて楽しくおもしろく聞くことができた。(70代女性)
  • 笑いの中に男女平等の考え方、受け取り方、楽しく聞くことができてよかったです。好きな道で努力すれば楽しい人生を送れるのではと考えさせられました。(60代女性)
  • とにかく聞かせるテクニックと意識が高い。話のテーマとよくあった講師だと思った。自分の体験など実際に感じた部分はシビア(落語家の修行など)。内容に現実味あり。落語の女性版「おきく」も大変よかった。(70代男性)
  • 藍馬さんの「女として」「母として」のお話しが聞けてよかった。二児の母でありながら、自分の人生を歩んでいる姿に感動です。頑張って笑いを広めて下さい。(70代女性)
  • 初めての生の落語を聞かせていただき、呑まれるというか、圧倒される感じでした。声のトーンや間合いの美しさに、見事美事でした。現代風のアレンジがよく効いていて楽しく聞かせていただきありがとうございます。相手と呼吸を合わせる間を大切にしていきます。(50代女性)

***

男女共同参画・ワークライフバランス、子育て・食育、笑いと健康などをテーマにした講演におすすめの講師です。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>三遊亭藍馬さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽に ご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


ヨシダナギさん 講演会講師 感想文


神奈川県内で開催されたヨシダナギさんの講演会の感想文が届きました。

  • 人権を扱う研修というと、差別や偏見を扱うものが多い中、今回は豊かな気持ちになりました。「人権」を超えた活動を楽しんでいるヨシダさんの話はどれも楽しかったです。
  • 撮影秘話など、とても面白かったです。自分と違うほどおもしろい、美しいと感じるというヨシダさんの感覚はとても素敵だと思いました。
  • 世界の少数民族の固有のファッション感が大きく印象に残った。また、ヨシダさんの少数民族に対するリスペクトを強く感じました。文化が違うものも、知れば知るほど面白くなり受け入れられるのだと思えました。現地の人と同じ生活をして、色々な角度から学ぶと気持ちも分かってくるのかもしれないと思いました。
  • 少数民族とのやりとりの裏話が面白かった。また、ヨシダさんとその民族の人たちとのやり取りを聞いて、お互いを認め合っているからこそ、ああいうやり取りができるんだなあと思いました。
  • 名前すら知らない少数民族との裏話だったけれど、ヨシダさんの親しみやすい語り口で、とても身近に感じられました。特にアファール族の話が印象的でした。
  • どうやったら彼らのカッコよさを伝えられるだろうか、という話が印象的で、今回の話や写真から彼らのことをリスペクトしているということが伝わってきました。少数民族に対する見方が、今までは悲惨さなど、マイナスな側面で受け取ることが多かったですが、考えが変わるきっかけになったと思います。
  • ケータイで調べても知ることのできないディープで多様な世界を知ることができて大満足でした。SNSが広がり、自分の知らない世界が身近に感じられるようになった一方で、どこか自分の尺度で、”普通”をバイアスをかけて物事をみていないか、考え直すきっかけになりそうです。
  • アフリカが大好きで何か国か周りましたが、メインは動物でした。今度は人に会いに行きたいと思います。
  • 緩やかな時間が流れ、人権というのを難しく捉えるのではなく、人をそのまま受け止める優しさを感じられました。 ヨシダさんが黒人さんの肌をきれいに撮りたくて、撮影時間を決めているというエピソードがとても印象的でした。カッコイイ、美しい写真を撮りたいという気持ちが写真に出ていると思います。 

夢・希望・チャレンジ、多文化共生・国際交流をテーマにした催しや、文化講演会におすすめの講師です。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>ヨシダナギさんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。