谷口真由美さん 講演会講師 レポート


大阪府内にて、法学者・谷口真由美さんの講演会が開催されました。
テーマは「ラグビーと人権」。

谷口さんは、お父様が元近鉄ラグビー部コーチ、お母様が同部寮母であったため、近鉄花園ラグビー場の中で育ちました。

また、2019年7月より日本ラグビー協会理事に就任されるなど、ラグビーにとても造詣が深い方です。講演では、日本ラグビー協会理事になるまでの経緯や、人権にも繋がるラグビーの価値観についてお話いただきました。

みんなのために、自分の役割を全うする

ラグビーは、どんな体系の人でもできるスポーツです。
15もポジションがあるので、背が低い人、高い人、細い人、太っている人、それぞれに何か役割があるんですね。

例えば、日本のラグビー選手で一番背が小さい、NTTレッドハリケーンズ・秦一平選手。

秦選手のポジションの役割は、スクラムからすばやくボールを出して後ろに回すことです。秦選手は、背が低い分、低い位置からボールを投げられるし、こけても起き上がりがすごく早いんですね。このような「背が低い」という特性を活かしたプレーが、みんなからすごく尊敬されているんです。

また、「ONE FOR ALL, ALL FOR ONE」という言葉はラグビーでよく使われる言葉ですが、「一人ひとりが全力で自分の役割を果たし、全員で勝つ」という意味です。

ラグビーは、自分だけが目立てばいいという考えのスポーツではないんです。トライを決めた人だけがヒーローなのではなく、全員で繋いだから点数が入る。だから、トライを決めた選手も、淡々と帰ってきたりします。

それぞれの人に特徴があり、それを活かせる役割があること。自分の役割やプレーが誰にどう繋がるのか、全体の中でどう役立つのかと考えること。この様なラグビーの考え方は、社会においても大切なのではないでしょうか。

外国人の人権

ラグビー日本代表を初めて見た人がいつも抱く疑問は、「なんで日本代表なのに外国人がいるの?」ということなのではないでしょうか。

でも、そもそも日本人とは何を指すのでしょうか?
みなさん考えたことがありますか?

日本国籍を有しているか否かでしょうか。
民族的な問題でしょうか。
もしそうなら、大坂なおみ選手や八村塁選手は日本人ではないのですか?

国籍や民族で「日本人」を決めてしまうことは、すごく心の狭い問題だと思います。

ラグビー日本代表の彼らは、母国の代表より日本を選んで日本のために戦っている仲間です。ラグビーでは、「肌の色が違うから仲間じゃない」とはならないんです。

私たちの社会でも、日本国籍を有していなければ、人権はないのでしょうか。
肌の色が違う人は、仲間ではないのでしょうか。

確かに育った環境は違うので、文化の違いはあるかもしれません。
でも、それは夫婦でも同じじゃないですか?

「違い」を嫌いだから排除するのではなく、嫌いでも尊敬、尊重するという考えが人権を考える上で必要だと思います。

ひとつの地球の中に住んでいると考えれば、社会だって「ONE FOR ALL」と考えることが必要なんです。

ラグビーの「ノーサイド」や「ONE FOR ALL, ALL FOR ONE」の考え方。
そんなラグビーの価値を通じて、皆さんも人権を考えてみてください。

* * *

谷口真由美さんは、平和・憲法 男女共生・ワークライフバランス 、LGBTQ 、ダイバーシティ&インクルージョンなどをテーマとした講演におすすめです。是非一度プロフィールをご覧下さい。

>谷口真由美さんプロフィール

※講師・講演料に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


谷口真由美さん 講演会講師 レポート


奈良県内では、毎年7月に市町村単位で「差別をなくす集会」を開催しております。
その事業にて谷口真由美さんを弊社より紹介しました。

「おばちゃん目線で見る社会の問題~みんなハッピーに暮らすには~」と題して講演していただきました。 

講演冒頭では、お父様がラグビーの監督、お母様が養母であったことから、花園ラグビー場内の男社会の中で暮らしていた幼少期のころの出来事、エピソードをユーモアを入れながらお話していただきました。

講演ではオッサンとおっちゃん、オバハンとおばちゃんの違い区別について例をあげながら説明されました。 ありがとう ごめんなさい おめでとう の言葉が嫉妬やジェラシー、上から目線で素直に言えない人がオッサン、オバハンで 素直に表現できるのがおっちゃん、おばちゃんで楽に生きれる。 多様性 多数派 マジョリティ 少数派 マイノリティ 性的LGBT についても ご自身が大学生の時、G(ゲイ)のお友達がいて初めて直面した経験を交えながらわかりやすくお話されました。

普通・常識・当たり前、誰もが言ってる 世間はそうだ という物差しの基準に考えて、良い・悪いを判断して、差別や偏見が生まれている。

社会の中で少数派の経験をしないと理解できない、寄り添うことができないことを話されました。自分のことを大事にし、愛しいと思わないと人を愛することができないと語られました。

* * *

谷口真由美さんの講演は、平和・憲法 男女共生・ワークライフバランス、LGBTQ 貧困と格差 青少年育成・子育て・食育、ダイバーシティ&インクルージョンなどにおすすめです。 是非一度プロフィールをご覧下さい。

>谷口真由美さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


谷口真由美さん 講演会講師 レポート・感想文


歯切れのいい関西弁とヒョウ柄の洋服姿でおなじみ、 TBS「サンデーモーニング」コメンテーター 谷口真由美さん。

大阪大学でベストティーチャー賞を4度も受賞したトーク力はお墨付き!
人権問題、男女共同参画からジェンダーまで幅広い講演で人気を博しています。

11/19に大阪府内で行われた講演では、『おばちゃん目線で見る~憲法・政治・教育論~』と題し、一般市民及び教職員へ向けに、ちょっととっつきにくいと感じる憲法を、身近でわかりやすく解説していただきました。

いただいた感想を一部抜粋して掲載します。

  • 面白い!ただただ面白い!なるほど!と点と点がつながった瞬間が沢山あり、視野をぐっと広げてもらった感じがします。もっとアンテナを広げ、頂いた視点を維持したいと思いました。
  • 興味深く引き込まれてしまいました。あっという間の2時間でした。何かと敬遠しがちな憲法を分りやすく教えていただくことができ、新たな発見がたくさんありました。もっと憲法のことを学びたいと思いました。
  • 身近な例で説明してくださったので非常にわかりやすかったです。数の維持やだましうちで政治が進んでいくのはおかしなことなので、もっと私たちも勉強をしていかないといけないと思いました。疑問を持てて、選挙に行けるような人を育てられればと思います。
  • 今までなんとなくでしか法律をとらえていなかったですが、今回の話を聞き色々なことが明らかになったと思います。今回学んだような法律憲法の捉え方を子どもたちに伝え教育していかなくてはいけないんだなと思いました。特に憲法の位置、条約は法律との関係について、改定のおかしさなどは目からウロコの思いでした。とても有意義な講演会でした。ありがとうございました。
  • 日本国民として社会契約している日本国憲法。とても大切なことが書かれているのに、よく分かっていないことが多いと実感しました。自分たちが今日のように勉強して、主権者としての国民(子どもたち)を教育の場で育てていかなければならないなと思いました。そして今好き勝手やっている行政に対し、世論として声を上げて権力チェックできるようになっていかなければと思いました。すごく楽しく、しかもしっかり学ばせてもらいました。ありがとうございました。

憲法は遠いところではなく、わたしたちの生活の中にあります。
まずは憲法を知る「憲知」の機会を作ってみてはいかがでしょうか?

* * *

谷口真由美さんの講演は、憲法のつどい、ダイバーシティ(多様性)、ワークライフバランス(男女共同参画)、消費生活などの講演会におすすめです。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>谷口真由美さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


谷口真由美さん 講演会講師 レポート


兵庫県内にて、谷口真由美さんの講演会が開催されました。 演題は「改憲・護憲を論じるその前に!ホントに憲法を知っていますか?」。

谷口さんは、ホンモノの大阪のおばちゃんにして、大阪大学「憲法」講義で”ベストティーチャー賞”を4度受賞した人気の先生! 「全日本おばちゃん党」代表代行としても活躍中です。また、今やテレビ・ラジオの人気番組への出演や、全国各地での講演活動と大活躍の女性です! 

ヒョウ柄とアメちゃんを愛する “ 大阪のおばちゃん “ 目線の日本国憲法!

谷口さんは、トレードマークであるヒョウ柄の衣装で登場!
講演は「日本憲法は何条まであるでしょう?」というクイズからスタートしました。

そして、憲法9条について、近年の日本・世界情勢を交えながら、驚くほどわかりやすく解説していただきました。
また、日本の憲法と先進国の憲法を比較しながら、日本国憲法についてもお話いただきました。

 

こんな講演会にオススメ!

谷口真由美さんの講演は、憲法のつどい、ダイバーシティ(多様性)、ワークライフバランス(男女共同参画)、消費生活などの講演会におすすめです。

>谷口真由美さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

投稿担当:オフィス愛  営業 森本純子


谷口真由美さん 講演会講師 レポート


谷口真由美さんをお招きし男女共同参画講演会を開催。
演題は『みんなでハッピーに暮らそう~女も男も輝く社会とは~』

taniguchi_mayumi_kouen2

谷口真由美さんは、自己紹介を手話で紹介され、聴覚障がい者のかたに歓迎していただきました。みんなでハッピーに暮らすには、女性も男性も、老いも若きも情報を知ること、学びが大事だと多方面からの例を上げながらお話しされました。

taniguchi_mayumi_kouen4

自分がやって良いからからと言って人に押し付けない、逆に人がやって嫌なことはしないなどプライバシーにに深入りしないなど「あたりまえ」を疑うこともものごとの判断にになることを語りました。母、妻、嫁、社会人の立場からご自身の経験を踏まえて非常にわかりやすく講演していただきました。

また、男女、LGBT、女性も男性に頼らず自分で判断すること、「オッサン」と「おっちゃん」の違いや「オバハン」と「おばちゃん」の違いをユーモアを入れながらわかりやすくお話ししていただきました。

* * *

谷口 真由美さんの講演は、子育て、ワークライフバランス、憲法、企業などにおすすめです。是非一度プロフィールをご覧いただき、コーエンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。

>谷口真由美さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽に ご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介してお ります。