【講演レポート】漫才コンビ 松本ハウスさんの講演会開催!


京都市内クリニックで開催されたクリスマス会の特別ゲストとして、漫才コンビ松本ハウスさんが招かれました。

恒例のクリスマス会は、メンバーさん、ご家族の方、クリニックのスタッフさん約80名が参加しました。

ハウス加賀谷さんの「統合失調症」について

中学生の頃、同級生の女の子が下敷きで仰いでいるという何気ない仕草を見た時、「自分が臭いからなのでは」と思ってしまったことがきっかけで体に異変が生じはじめる。

その後、幻聴や幻覚を発症。16歳の時、病気や障害を抱えた人たちがスタッフの援助を受けながら生活をする施設に入所して治療に専念し、症状は改善。

精神科に通院しながら、昔からの夢だったお笑いの道に進むまでの経緯を二人の掛け合いで進行。

舞台中を動きながらの迫力満点、息のあったコントを披露

コントは 参加者の方からボケのハウス加賀谷さんのコントにつっこみを入れるなど大爆笑でした。

3名のメンバーさんから、各2問ずつ用意していただきました質問に、ハウス加賀谷さんと松本キックさんが、それぞれの立場から丁寧に答えていただきました。

統合失調症当事者のハウス加賀谷さんは、入院、治療、訓練を繰り返しながら、芸人に復活したものの、感情表現が上手くいかなかったり、また認知が発生したりで、自分を否定し症状が悪化した時、相方の松本キックさんがこのままのハウス加賀谷さんでいいと受け入れることをして良い関係を保つことができたことを伝えました。

再結成して10年、失敗・成功、失敗・成功を繰り返し、失敗を恐れずトライすること、自分のペースで焦らないこと、諦めないことをメッセージとして締めくくっていただきました。

松本ハウスさんの出演は、障がい者人権、闘病体験、バリアフリー、ストレス、メンタルヘルス、イベントなどにおすすめです。

>松本ハウスさん 詳しいプロフィールはこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。