伊藤真波さん 講演会講師 レポート


兵庫県内、人権教育交流集会事業にて「あきらめない心」と題して
日本初片腕義手の看護師 伊藤真波様が講演されました。
 
 
 スライドの映像を見ながら講演をしていただきました。
両親の愛情を受けながらお稽古事に励んだこと、中学生時代の時ある先生の指導の影響で、看護師になる決意をされ看護学校に進んだことを話されました。
 
 
バイク事故に遭い、20歳のとき、好きで乗っていた中型バイクで交通事故にあい、
右腕を切断。そこから前例がないことに挑戦し、看護師になりました。
 
そして、子どものころに習っていた水泳を始め、パラリンピック、世界大会に出場しました。
 
その後、結婚、出産、子育ての環境の中、メディアから注目されテレビ放送されたのが話題になり、講演依頼が殺到しました。
 
 
講演では実際使用している義手を見せながら、使用目的によって使い分けていて講演最後には、演奏用の義手を付けて「ふるさと」を演奏していただきました。
 
 
伊藤真波さんの講演は、いのち・絆・家族 障がい者の人権・夢・チャレンジ・進路・青少年育成・子育て・食育・障がい・バリアフリー・闘病体験オリンピック・パラリンピックなどにおすすめです。
 
 
※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。