元東京ディズニーリゾート運営部長、安孫子 薫氏が考えた「また来たくなる夢の国」とは。


東京ディズニーリゾートの魅力

日本でも最大級のテーマパークであるディズニーリゾート。
アトラクションやパレードはまさに「夢の国」そのもの!
おとぎ話の中に飛び込んだかのようなファンタジックな世界観を作り上げています。

しかし、最初からあの世界観を創りだせたわけではありません。

開業以来30年「ハピネスの提供」を一途に追求しつづけ、今日のディズニーリゾートを創り上げることに成功したのです。

オープニングらパーク運営を担ってきた安孫子 薫氏

ディズニーランドのミッションは「ゲストにハピネスを提供する」こと。
その実現のために一貫した“ディズニーフィロソフィー”と呼ばれるパーク運営の考え方があります。

安孫子氏は、「美観の追求」「ゴミ減量化」「安全確保」「アトラクション運営」「ゲストサービス」「広告戦略」など、すべてのパーク運営課題に取り組み、改善改革を実行し、常に現場で指揮を執り行いました。

その一つに「おそうじ」があります。

「ここまでやるか!」を徹底して掃除システムを作り上げ、ただのお掃除ではなく”おもてなし”へと変えました。
その徹底した清掃から生まれた美観が、ゲストの心に“満足度”を上回る“幸福感”として刻まれると考えたのです。

企業向け社員研修にオススメの講師です!

モチベーション、顧客満足、経営・マーケティングをテーマに、ディズニー流おもてなしの本質を様々な体験談を交えて熱く語ります!

是非一度プロフィールをご覧ください。
相談・見積り無料!コ~エンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。

講師 安孫子 薫さん プロフィールはこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。