趣味の波乗りがきっかけ。異色の気象予報士、防災士 正木明さんをご紹介します


正木明さんは、20歳で『波乗り』というスポーツに出会い、波がいつ・どこに立つのかを知りたいとの思いから、『気象』の勉強を始めました。

お天気キャスター歴も25年を超え、「関西の朝の顔」としてお茶の間にも定着しています。日々の天気の移り変わりの中で、特に最近の急激な気候変化に対して、何か出来る事はないかと模索。

防災士としての資格も取り、気象からくる災害やその他の防災に関しても知識を深めています。そして最近では、気象予報士と防災士からの立場から、異常気象と防災を関連した講演の依頼が多いそうです。

講演だけではなくワークショップ形式でも防災についてお話されます。

ワークショップ内容

ワークショップを開催される自治体等が作成しているハザードマップを活用し、
実際に避難先・避難経路などを確認して歩きながら各家庭で活用できるハザードマップを作成します。

(1)地図上にある自宅を探す
(2)災害時の状況を予測
(3)避難先を確認
(4)地域にある災害時の危険個所を見つける
(5)危険個所を回避して自宅から避難先への避難経路を決める
(6)災害時の防災貯蓄倉庫や街にある消火器の位置を確認
(7)実際に歩いて確認
…災害時の季節や天候、時間帯などの条件を変えながら、危険個所や避難経路を確認し、新たな危険個所や注意点を記入

(8)家庭で話し合い改善をはかる
…家庭だけで改善できない場合は、ご近所や地域で問題を共有しながら協力して改善をはかる

(9)改善したことや家族が離ればなれになった時のために、家族の連絡先・集合場所等を記載

また父親の立場から、働く時間が人とは違う正木家ならではの思いやりや助け合いを紹介した『パパはお天気キャスター~子育て、家事、互いを尊重し支え合う正木家のルール』をテーマにした子育て講演会、男女共同参画講演会も大変好評です。

正木明さんの講演は、環境、防災、子育て、男女共同参画、生徒向け講演会でおすすめです。

>正木 明さんプロフィール

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。