女優 東ちづるさんが、NHK「クローズアップ現代+」に出演


2019年4月18日放送
「毒親って!? 親子関係どうすれば・・・」

「毒親が原因で大人になっても生きづらい」という声がネットにあふれている。毒親とは、過干渉や暴言・暴力などで、子どもを思い通りに支配したり、自分を優先して子どもを構わなかったりする「毒になる親」のことを言う。番組では、「毒親」に悩む人たちに密着。親から解放され、自分を取り戻すにはどうすればいいのか。そして、子どもに毒親と言われないためには。現代のゆがんだ親子関係を紐解き、解決策を探る。(◆クローズアップ現代+

ゲストとして出演された 女優 東ちづるさんは母親から、「一番がいいのよ」「ちゃんとしなさい」「頑張りなさい」「いい子でいなさい」と言われて育ち、そうした言葉から、母親の期待に応えようと勉強も習い事も優等生を無意識で演じていたそうです。

将来の夢・希望は母親の言うとおりにしていく生活で、自分で本当に何がしたいのか分からなかった、アイデンティティがなかったと番組の中で語り、母娘そろって臨床心理士のカウンセリングを受けることでやっと「今のままでいいんだ」と前向きに自分を見られるようになったそうです。東さんだけでなく、母親にも変化があり「母」や「妻」ではなく一人の自分として毎日を楽しんでいらっしゃるそうです。

また、自身がアダルトチルドレンだったことを、母娘で受けたカウンセリングの実録と共に綴った『〈私〉はなぜカウンセリングを受けたのか~「いい人、やめた!」母と娘の挑戦』(マガジンハウス)を出版されています。

いのち・絆・家族をテーマにした講演や、人権平和学習におすすめの講師です。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>東ちづるプロフィール

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。